新聞の       
    本の広告でみつけた

あるシェフの方の提言する 

 ”死なない食事” の項目

”7つの心がけ ” 

他に


 * がんを遠ざける基本は調味料・・・

というのもあった、


 *調味料は良質で上等な「本物」を使用する
 *わずか数百円の差が、命を守る


・・・ というのだ、


様々な提言など、見るにつけ、いかに、
日頃のじぶんの食に対する意識の薄さ、甘さを
思い知らされる、


調味料に関しては ここ数年 油を変えたくらいで、
他はもっぱら スーパーで少しでも安価なモノを・・・
選んできた?(・・・ように思う)。



年金暮らしで贅沢はできないものの、わずか、
・・数百円余分?に払って、ホンマモンを買った
としても、即 困窮するわけではない、
  



家族が多かった頃は 農協さんで買い物していて、
それなりのモノを使っていた(・・・ハズ)。


ひとりになって以後、
食に関しては かなり 無頓着で生きている
(・・・と思える)。



ナンで?!

なにゆえに かくも無頓着であるのか?


多少、思い当たるふしはある。





    短命・長命のナゾ


60歳になるかならないかで病死した夫は、普段は
ボジティブで 、極楽とんぼみたいな、なにごとも
無頓着で雑・・・というようなひとだった、
が、 唯一 健康には気を遣っていた。
  
  ・・・オレは 百歳まで 生きるゾ。。。




それを受けて、料理は薄味に、野菜中心に、 
魚もお肉も交え 可能なかぎり確かな品を用意
していた。



煙草もやめ、好きなビールもやめ、、、、
早寝早起き・早朝のウォーキングを欠かさず
草野球のスポーツに専念、、、




それでも 夫は倒れた。



夫の同僚には 長年 煙草プカプカ、浴びるように
酒を呑み、暴飲暴食して不規則そのもの・・の生活を
しているひとがいたが そちらはいとも頑健で元気で
あった、、、



わたしの 母、 大正生まれ、質素倹約が常、
食事も 家族の残り物や質素なもので済ませていた、
101歳  今も アタマ(・・いくらかぼやけきた)
以外は  健康である。




食事や健康生活をこころがけていても 

 その時、来る時は来る

・・・という 根源的な疑問、

   



     寿命には・・・

こころがけ云々では どうにもならぬ それ以外の
さらに言えば、人智の及ばぬ 抗えない
命運(いのちの運)というものがあるんではなかろうか・・・、




いささか 短絡な思考?かもしれないが、 
そのような無常感がわたしの胸底に 沈殿して
いるのである、 


病んだ時、 命の終わり、は 避けようのない、
命運の機?  なのだ?!・・・





  しかし、だ、  
   奇跡のシェフさんの、

病のあと、実践に伴って辿りついた 命の食事法
・・・というのを 垣間 見て、


今更だが、 無頓着すぎるわたしの生き方方式が 
多少 揺らいでいる・・・笑
   

**今から 調味料など 数百円を放出して 
良質な品を選んで 改善するべき??・・  




いやぁ~~、 はたして こんな、 今頃になって、

よしなに計ろう・・・って、

間に合うだろうか。。。?


   
 
  15サDSCF5526


  **野菜中心に、  朝はストレッチ、夕方はウォーキング、
    一応 自分流に 心して 暮らしてはいるんですけどネ。。。



   桜も震えてる
 
やっと桜がほころんできた・・・と思ったら 
また寒くなった、



春四月・・・新聞ニュースは 暗い哀しい記事ばかり
目につく、


被災地の復旧は一向に芳しくなく、被災者の方々には
辛い春・・・になりそうです、 


・・もう書くのも飽きるくらい、行政ののろさ、不手際、、、、
無念至極。


悲惨な事件も 後を絶たない・・・(嘆) 




    エアボクササイズは

レッスン5回 ・ 無事終了しました。

これまでの記憶のある短期講習では 一番 
楽しかった。 
 *(ちなみに講習料は1500円)

  エイエイ、 ヤァ~~!
このトシで 激しく飛んだり跳ねたりは しんどい
けど ストレスも吹っ飛ぶ、
心地よい疲れだった。


会場のセンターでは いろんな健康づくり講座も
行われており、何にか申し込んで続けることも
出来ないではないのだが・・・、


それには いくらか ハードル?を越えねばならない、

 *医療機関で健康診断を受ける
 *上記後 6ヶ月以内に 体力測定を受ける
 *測定後初回 個別指導を受ける
 *一年間 健康づくりのための教室(事後支援講習会)
  に参加できる


とまぁ、、、 
 *市の事業団ゆえ 講習料も格段に低費用だし、、、


毎年誕生前に 市から 「各種健康診査の受診券」
というのが送られてくる、

わたくし このトシまで これまで ??年間 一度も
受けたことがない、癌検診も ×、、、

メンドイ、、、というのもある、 が  

各病院で・・・というのがネック、 病院に馴染みなんて
無いうえ、種目?によって 病院も異なるみたいだし、、、
 
 一度に どっかの保健所で診て調べてくれるなら
 有り難いのに、、、

むかぁしは 有ったんです そういうの、


子どもたちが幼いあいだは 母親の存在は大事なので
健康を保つため こまめに 保健所の巡回診療バス
などに 行っておりました。 

子らが成長するにつけ、行かなくなり、
(今では保健センター)巡回バスも無くなったようで、 
診査は各医療機関にとって変わる、、、
そんな時代になっていた(・・・ようだ)。


元々 引きこもり癖があるのに、
レッスンも週1度 何ヶ月も続いたら負担になって
くる?かも、、、




    物忘れは・・・

認知症の兆し・・・という、

それなら わたし、  モロに 予備群、というか
ボケ坂  まっしぐらに 転び掛けておりまする、、、


つい最近も 「レシート」の語が出てこない、
「領収書」は忘れないのに、、、

朝起きて、ストレッチしながら 床を見てて
 ・・・ワックスかけないとねぇ、

階下へ降りて それを物入棚に有るか確認しようと
・・・もう その さっきののが出てこない、
思い出せない、


   ひとの名もしかり、

テレビでよく見てた あのひと  最近見ないなぁ、
ん、ん、 ん、 名前?? 

すみれさんパパ、  東尾理子さんの旦那さん、、、

しばらく すみれさん 理子さんも出てこなかった、、、

石田**さん?!  石田純一、、さんだっけ?!

・・・という具合。


   
  昨日のこと

目の異変があって、 眼科に駆け込んだ。

実は左目の隅のこととて、気付いていなかった、 
わたしの目は日常的に スッキリ、の状態は無いので、
なんとなく 異変を感じても 事態が呑み込めない、


たまたま やってきた娘がわたしの目の隅が
真っ赤になってるのを見つけた、

眼科診断では  左目が出血したとか、

それほど 心配ないとのことで ほっ!
 
 *でも 鏡でじぶんの赤目を見るのがオソロシイ!!



  もし 失明したら 

わたしは たぶん 生きる希望をなくす、


読むことも書くことも出来ない、(ブログも不可能)、、
それは想像を絶する、
   

そのほか ひとり居ゆえのいろいろな不安も生じている。

 
   

  それらをまた書きます

目がつかれるので ぼちぼち まいります。