2013.03.27 寂しさを力に
 
 夜回り先生こと 水谷修氏の文より

 


 ――私は寂しさに負けませんでした。寂しいから努力した。

寂しいから、もっと寂しい母のために生きぬきました。

こどもたち、寂しさは決して罪でも悪でもありません。

人は寂しいのはあたりまえです。一人で生まれ出て、そして、

一人死んでいくのが、人の宿命ですから。

むしろ、寂しさは、人の生きるための力です。

寂しいから、人とかかわる。寂しいから誰かの笑顔のために何かをする。


 よく、私に聞く人がいます。 「先生はなぜ夜回りをするのですか」 と。

私はいつも胸をはって答えます。

「寂しいから」 と。

こどもたち、 寂しさを力に。



 

 

 上記の文は こどもたちに限らず、 大人にも言えること。

どんなに生きていくことが 淋しかろうと、

運命には逆らえないので、受け入れ、慣れていくしかないのだと

思える。

 


  
 昨日 一昨日、  身内の通夜・葬儀に出席した。
長年の闘病で、リウマチからはじまり、腎臓、心臓 ガン・・・、
病気の半生であった。

本人はもとより、看るほうも辛苦の半生でもあった。

最後は力尽き、弱った心臓の鼓動が止まった。
76歳・病苦から解放された。 

 それぞれ、ほんとうに おつかれさまでした と 言いたい。


 

 「家族葬」という形で、参列者は7人、

会場は広すぎて、逆にさびしい・・・。

 葬儀社も今後は、人数に応じて、もっと、こじんまりした小部屋というのを 
用意すべきではないか・・・

 僧侶が二人、スタッフが数人、 葬儀関連者のほうが人数が多い、

 僧侶は二人とも有髪である。
仮にも坊さんを目指すならば、いさぎよく、剃髪すべきじゃない?

余計なことだけど。

お坊さんが 何でアタマ坊主にするのか、よく分かってる訳ではないけど、
そもそも、”坊さん” というからには、謂われはあるべき。

見た目にも
袈裟は有髪には似合わない(・・・と、思う)

見知らぬ僧侶(当たり前だけど)の、
分厚な経文帳(というの?)に ずっと目を落として詠んでいく??ような
そして、長い長い  お経、
まだかな~ て思うころに    チーーン!   ドーン、 ドン!!!
また  続く お経・・・

罰あたりというか、不謹慎なことに、
なんか、なにも  こころに伝わって・・・、来ないような気がして。   


 

 わたしは基本的に、 「葬儀無用」 のスタンスである。

余程の場合をのぞいて、葬祭に関しては欠礼している。


 過去に、なにぶん不慣れな葬儀で、親戚筋その他から、散々
理不尽なイヤな思いをさせられている。

ひとが死んでいるのに、なんでこんな、形式張ってあれやこれや、
嫌ガラセまでして、仕切らないかんの??

 わたしの体験は、何かそれなりの別の理由があったかも知れぬ・・・、

と、しても、以後のわたしの 葬儀に対しての ”トラウマ” になったのは
確かである。



で、イッタイ 葬式って なんなの??


「葬式」の ”源” を探るため、数年掛けて、葬儀に関し、はては宗教書まで、
モーレツに読みまくった、 学んだのだ。


そのうえで、じぶんの出した、 ケツロン!




・・・ナンダ、そんなことだったの?  じゃ、葬式なんて 必要なし!

慣習にとらわれ、苦しみ悩むことなんて、  なーーんにも無い!


 と、こころに固く、決めたのであった。


人の葬儀も出ないけど、じぶんの時も呼ばない、

シンプルに、 ひとの最後として、 ただ  ”無” に  還る。

亡くなった時点で、   ナッシング!!


供養してくれる エネルギーも費用も 生きてるうちに・・・!

って、 こどもたちにも 言ってある。



 とはいえ、ただ、これまでの慣習から離れたり、反したりするのは
容易ではない、
それぞれの周囲への考慮もあり、誰にも実行出来ることではない
かも知れない、

それなりに、学習して、裏付けをしたうえで、強固な意思を持たないと
困難だと思う。

要は、それぞれ 自由に!!
必要とするなら、豪華な葬式をやればいい、
自分のやりたいようにやればいいのだ。

押し付け、押し付けられは無用、ということなのだ。



  


 このところ、また気温が下がり気味な、花冷えの予行演習?みたいな
空模様である。

それでも わが家の  しだれ桜の  つぼみが ひらきはじめてきた。

川沿いの 桜も  かなり  ほころびかけてきた。

川向こうの   山の  名物観光  「しだれ桜まつり」も はじまれば
駅から山へとつづく 橋のうえは  花見客の群れ で ちょっとした行列
になる。





     ツバメ・飛来 


 昨日17日は春らしい暖かな日だった、


 ツバメがやってきた、

今朝早く、川の上を 多数の小さな鳥影が飛んでいるのを
見た、
今日は強風が吹き荒れ、雨が降り、強烈な春嵐である。


 昨年の燕・飛来は4月3日、そして、春嵐だった。

 ちょうど、燕飛ぶ、春先のこの頃 ものの芽吹く頃
から  わたしは   「うつ」 に入る。





     キタカ    イコカ 
  

ニモカ   スイカ    スゴカ、 ・・・もある

アユカ   アイカ    イルカ、

他に   ニモカ   ピタパ   パスピー  ナイスパス   ・・・など、


 これ、  列島一枚で 「ピッ」 
23日から相互利用できるという 全国鉄道ICカードの 名前である  


さしずめ 
それに    「nanda」   「sorera」   を付け加えたら 
更にカンペキ!!

ニッポン国語は
いやはや・・・、





    オレオレ・・・ってダレ??

 

 これだけ、報道されて注意喚起されてるのに、この詐欺が 続いて
まかり通るというのは ナゼなんだろう、

ふしぎでならない、

先だっても、近くの地域で65歳の女性が、振り込め詐欺で、
4百2万円を取られたという、

手口は ごく ありふれた
「携帯番号が変わった」
「交際相手の女性を妊娠させた、示談金 100万必要」

と言って、
繰り返し、電話で 金融機関の口座に 計5回で 4百何万円を
振り込ませた・・・、


65歳という、世間から隔離・距離がある・・という年齢とも
いえないだろうに、

もっと1千万、2千万、もの被害を受けるひともある、

そんな大金を 電話なんかで頼まれて、すぐ 用意して 
振り込む・・・というのも  ヘンだし。
だいいち、「大金オクレ!」・・・って、電話なんかで 頼むこと自体
礼儀上、おかしくない??


楽して企む卑劣な犯罪者たちに 渡すくらいなら、被災地などに
寄付してほしい!・・・

というくらい、ハラの立つような事件でもある。

それにしても、お金持ちって 多いんですね!

うちには そんなお金もないし、ゼッタイ、詐欺になんか 
かかる心配あらへんわ!



 ある日、   ジリリ、  リリーン、りリーン、
うちのリビングの電話が 鳴った。

家族が取って、・・・・何やら 二言三言 喋って、切った。

「なんだった?」
「・・・・ うん、    なんか、古着を集めて回ってるらしい、・・・」
「ふうーん、」
 
 へっ!  えぇ~っ!   古着なら うちに一杯ある!!  
しまった!     

溢れかえる衣類に 悩まされてるところなのだ、


 古着を集めて、震災地や 途上国などに送るボランティア、
だったかもしれないのに、  あぁ~、

 

 と、その時は思った。


数日経ってから、ふと、   
いやぁ、   あれは  もしか、新手の詐欺 だったかも、
と思うに至った。


少し前に、 こんな話を聞いたばかり なのだった、
 

 「古い人形を集めてます、」という電話で、来てもらうと、
アクセサリー類を出して見せて、
「割安にするから、買ってくれれば人形も引き取る、」  と、

断ると、豹変して、捨て台詞残して、 帰っていった、
という話である。


これ、新手の詐欺? 


ゼッタイ、詐欺!の エジキになんかなるものか・・・
豪語した このワタシ、  もしか、ヤバかった??・
 




それにしても です、

世の息子たち、

たまには 老いかけている母親のいる家に帰って、
声掛けてください!!
約束してください!!



・ 電話でオレオレ・・って言わず、  なまえもしくは愛称を告げる 

・ 携帯を変えるときは、 ちゃんとした確かな方法で知らせる

・ 大金オクレ  って頼むときは、直接 会って頭下げて頼む(べし)

・ いやいや大金など頼むより、何より、オフクロの老後資金は
 大事に扱ってほしいと言う

などなど。  





 それ、   いつ  言うの?      今でしょ!! 


  

  
    ★ 詩 ★


    三月  --足音


六歳になったばかりの男の子は
伸びた髪を刈ってもらい

すこし 戸惑い
すこし 誇らしく
そして はにかんで
卒園す

そう、
こんなにも
いくつかの跡がのこっている
初めて ちいさな靴をはいたとき
カタカタ、 カタカタ   カタ、・・・
たしかな音が鳴って

土手の草に 蹴って飛ばした小石
尻もちついた土の感触
掴まり立ちした木のベンチ
キラキラ、透き通った川の水に足を突っ込み
イタズラの数々
拒絶の嵐
涙のスコール

春一番、 三番の風が吹き
光りがさんさんと頬にあたり

パパとママは
新調のスーツに
不安と期待のハンカチを折り畳み
ちいさな出立の その日を
待つ
 



   
     ★ 

   音ーー おとを聴く


 9日 土曜のNHK    「SONGS」

辻井伸行さんのピアノを聴いた。

ノクターンなど、有名な曲の演奏も素晴らしかった、

なかでも、辻井さんがお父さんと川べりを散歩したときの、情景を
曲にしたという
「川のささやき」


お父さんは、目の視えない息子さんがピアノばかりに向くことに、
全面的に賛成はされていなかったそうで、それで伸行さんは、
父親にたいして、反抗的だった時期もあった、

ある記念のとき、お父さんが、
「親はいつまでも生きていないから、ひとりになっても 好きなお寿司を
食べられるよう(・・な生き方)になってほしい・・・」

と、いうようなことを言われたそうで、
そのとき、これまでのお父さんの真意が分かった・・・という、

初めて、父にプレゼントを、
と 作った曲が、   
    


     「川のささやき」
  


 ♪ ポロン、   ポロン、   ~ ~ ポロン、  ♪ ♪

ボワン、  ~~~ボワーン、   ♪  ♪  ♪ ~ ~

♪ タ、  タ、  タ タ ~ ~ ン ♪   タタタ、 タ ~ ~ ン ♪

ブァ~ン  ブァ、ブァ ~ ~ ン♪   ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪♪ ~




 川辺に住み、朝な夕な 川の水を見て暮らしているわたしには
わかる(・・気がした)、

 さざ波が、あちこちにおきて  水が冴え渡り、風にそよぐ
日の光りにあたって  水がきらきら 揺らいでいる  流れていく・・・


 曲を弾きながら 辻井さんは のびやかに首や顔を揺らして、
他の曲のときには なかった笑顔すら見せて、
嬉しそうに、   
父といっしょに散歩したときを思い出しているかのように・・・、



聴いていて 涙が溢れた


視えない辻井さんは  川の水を耳で見て、
わたしは 目で聴く・・・・

 


そのあと、 EXILEのATSUSHIさんとの 初共演のコラボ、

3・11震災・応援に作られた辻井さんの曲を聞いて、ATSUSHIさんは
すぐ歌詞が浮かんだ、という

  
  
    「それでも、生きていく」

ピアノと あつしさんの声が心地よく かさなって、とてもいい歌。

このうえない コラボ!!




久々の音楽をきいて、しあわせな 夜の時間だった。


 アフターユー!!(お先にどうぞ)

 


 ここ数日、そこかしこに 春の兆しが ぽっ、ぽっ!  見え出してきた。

 川辺の桜並木の枯れ枝から、向こうの空が透けて見えていたのが、 
最近、芽がふくらんできたのか、枝先といわず 樹ぜんたいが ぼやぼや ぼや! 
として 霞がかかったように見える。  
 ・・・わたしの目のわるさもあるかもしれないけど 笑

 

 昨日は めずらしく街へ出掛けた、  姉の絵を見にギャラリーへ。
ついでに 往年、勤務したエリアにも寄り道しながら、ビルの界隈を キョロキョロ、
そのうち 小路に紛れ込んでしまい、迷子?になってしまった・・・

 無事、ギャラリーに辿りつくころには 汗ばんでくたびれ果て・・・!
そんな ”プチ放浪”
ついでについでに、地下鉄乗り継いで、老い母の居(お)わします”ホーム”にも
寄り、お喋りなどして、
そしてさらに、眼科にも寄ってきたのでありました。


 
 ヤワなわたしの体質は、季節の変わり目に弱く、 毎年節目ごとにダウンする。
いうならば、気候の変化に免疫力がついてこない??

 免疫力を高めるには、自律神経をコントロール出来るようにするのが肝要(・・らしい)




 「副交感神経が人生の質を決める」 小林弘幸著  順天堂大 スポーツドクター

”自律神経のコントロールができれば、誰もが自分の人生をコントロールすることが
 できる
 自律神経のバランスを意識的に整えることで、よい方向に”

 へぇ~!  ワカッチャイルケド・・・
 でも  どうやって??


 「 ゆ っ く り 」

ゆっくり 呼吸し   ゆっくり 動き   ゆっくり 生きる

アフターユー!    お先に どうぞ・・・


 はぁ~!  せっかちな私には ムツカシイ~~!
まず 深呼吸 してみよう~~


 ついでに 先だっての、 

「がんにならない生き方」 丁宗鐵著

 がんになった場合の、回復の基本は  免疫力 だそうです!

 その前に、がんにならないようにする、というのは、意外にシンプルで
日々、当たり前のことを当たり前にやる、ということが大切。
 
 ♪あたりまえ、 あたりまえ♪ 体操・・・なんていうのが、テレビで流行ってるようです、
日頃、バラエティ番組は苦手で あんまり 見ない・・のだけど、
なんか この トボケたみたいな、ながれには  癒されるんですよね、笑


 
 がんを防ぐための12か条   丁さんの本から列記しておきます 参考に

1・バランスのとれた栄養
2・毎日、変化のある食生活
3・食べすぎをさけ、脂肪はひかえめ
4・お酒はほどほど
5・タバコ・禁
6・食物からビタミンと繊維質のものを
7・塩は少なめ  熱いものは冷ましてから
8・焦げた部分は食べない
9・カビの生えたものは食べない
10・日光に当りすぎない
11・適度なスポーツ
12・体を清潔に


 そこのアナタ! 

 ~ナ~ンダ、 どれも 当たり前のことだな~~
って 思ってませんか??   当たり前を ナメテはイケマセン!!
(・・と、じぶんにも言い聞かせてマス、ハイ・・・)  本日はこれにて。