流浪する舟は天につきましたか


     肝動注術のこと
      
 夫の肝臓にほんの小さな点が数個あるのが分かり、
しかし除去の手術は不可。

  患部に直接、化学治療剤を流すためのチューブを鎖骨から
動脈に埋め込む「肝動注ポート術」を主治医から勧められた。
不明なことばかりのリスクを考え、いったんは辞退した
ものの、家族の逡巡を押し、本人の意思で決め、
手術がなされた。
 
 多分、数回実施された折りの、抗癌剤治療が辛かったのだ
・・・と思う。それで未知のチューブで直接流す治療法を
取ったのだ・・・と。夫もそれなりに逡巡の末、決めたのだ。

 術後の急変した理由、医学には疎いわたしが可能なかぎり
調べたところでは、手術時の最新型のモニターも無く、時間も
手間取り、何より術後の覚醒が遅れているに関わらず、
放置?!されて、
 じりじり待つ家族には“麻酔の醒めるのが遅れている・・”
という説明だった。

 


    悪い夢を見ているような日々   
  
  夫の体に確定出来ない程の微小の影が映ったとされた
時点では、まったくいつもと変わらず元気いっぱいだったし、
入院してからも抜け出してはあちこち精力的に動き回って
いたのだ。

 手術を軸にして、すべてが急降下していった
(・・・ように思える)。

  泣いている暇もなく、医学書やネットを駆使して調べたり、
医師会に相談したり、病院相手に可能なかぎり奔走もした。が、
所詮、巨塔対個人ひとり、・・・どうにもなるものではなかった。
虚しかった。

  それに夫はもはや、元通りにはなってくれない。


  夫の勤めていた小さな写真工芸社の社長からは、病気が
分かって以後、定年を待たず解雇され、収入も途絶えた。
わたしは仕事を辞めることもならず、合間に生保の申請、
失業保険他の手続きなど遠方の年金事務所にも出向かねば
ならず、

 心身共、疲れはてていた。

 非力、無力感で潰れそうな毎日、病人は刻々、深刻
な状況に落ち重症に、衰弱していくばかりだった。

 病気そのものより、数日間、数か月のうちの激変、その
落差が耐えられない。認められない。が、なにより本人が
苦しいのだ。
本人の苦しみこそ…。想像を超えてしまう。つらかった。


 
       壮絶な闘病

  肝動注術中に血栓が脳の血管に詰まり、
その日から過酷な試練の日々が続く。本来の病変に加え、
視野欠損、手足麻痺、言語、記憶障害など多数の後遺症との
闘い。
 せん妄にも悩まされ、徘徊、看護人たちを殴りつけたり・・・
もあった。

  それでも、持ち前の気力と体力で、薄紙が剥がれるように
持ち直した時期もある。が、再発。
 以降、再発入退院を繰り返し、桜が散りしきった春半ば、

  ついに、力尽きた。



     泣き言は一切口にせず立派でした

 看護するほうは、急変に耐えられず、悪い夢でも
見ているような。
主治医と執刀医も別で、いずれも夫の術後、程なく
移動され居なくなっている。院長交代も然り。

  その後も内科と外科との連携も滞っており、病院への不信
もつのっていた。


 夫逝って、詮無いと承知ながら、悔いと自責が渦巻く。
 
検査などしなかったら、手術しなかったら、別の病院
だったら、あの時、ああしていたら、こうしていたら、
・・・。夜中などわたしの体のなかを、血の涙が逆流する
ようだった。

  


 が、わずかな救いというか、ふしぎなことに、
本人にはいたって、ゆったりした時間がながれていたように
思える。
  
 当時はわたしの勤務も毎日ではなかったし、有休をフルに
使い、保育士の長女、大学生だった次女、三人で連携し、
交代で看た。
 
 最後の一時期を除いては、ずっと食欲も良好、病院食は
残さず平らげ、調子の良いあいだには日に一、二回、
院内の喫茶店へコーヒーを飲みに行くのを楽しみにしていた。
 なにしろ、後遺症のせいもあり、料金を支払わないのが
常で店員さんを不安がらせたようだが、たまに付き添った
次女の、おっとりした姿や仕草を見て、この娘さんの父親
なら大丈夫・・って安心された・・・とか。
 
 普段は陽気で不平もない患者ゆえ、若いナースさんたち
にも親しまれているようだった。

 手術を勧めた医師への信頼も変わらず、恨みや泣き言も
後悔も一度も口にしなかった。立派だった。

 最後の入院は三月から四月。この時は脳の再発ではなく、
肝機能の悪化で衰弱しているようだった。が、車椅子で、
病院前の線路沿いの満開の桜も見ることが出来た。

 長女や次女に父親らしい気遣いの言葉もかけた。いつになく
外の気配に思いを馳せたのか、こんな普通の会話も交わして
いる。

 もう、桜は散ったか??
 
(元気なあいだは体育会系で大雑把で、そんな自然の移り
変わりのことを口にする人ではなかった)

 

  四月半ば過ぎ。
 
 酸素マスクをしているのに、喋って喋って喋りつかれて、

 ちょっと一眠り・・・。それが 最期だった。



   

 ***上記は 4・10ブログ記「天の舟」の続きです。

 前の記でも触れたように、亡き夫のことはブログにもなかなか
書けないできた。
 看取った人なら分かると思うが、どうやっても悔いは残る。
書けば、悔いや愚痴や言い訳になる。

 言い訳はしたくない。
じぶんのいたらなさも悔いも全部、贖罪として、この先も
背負っていくつもりである。
 供養とかの手段などに頼らず、まっすぐこのまま背負っていく。


 ***供養といえば・・・、今年の命日は区切りの年であり、
近々家族打ち揃って、“焼肉”を食べに行こう・・・!(笑)
 夫の大好物で元気だったとき、よくみんなで食べに行った
ものだ。それ以来、わたしは一度も行ってないのだ。

 長女の介護職のおムコさんの休みが不定期で、次女の
おムコさんの電機メーカーの勤務も多忙を極めており、
四月中は無理となり、延期になっているのだけど。  
 

 ***「天の舟」を前編とするなら上記は中編。

 後編に続きます。


高遠桜ふたたび

         高遠の桜・見納め?!

 花見前線は北上して、地域周辺ではすっかり葉桜の
様相になっている。
19日、今シーズン花見の終盤、信州は高遠へ。
 
一昨年(2012)の4・14日にバスツアーで見に
行った折り、雨の降る肌寒い日で花見に程遠い状況だった。

 バスを降りて案内者に従いて歩いたのだが、なにぶん
傘をさして幾分震えながらの見学で、見通しがよくないうえ、
目的の花はどこを見回しても見当たらず、雨粒の向こうに
あるのは枯れ木ばかり・・・。

 蕾すら無く、帰りの道筋のどこか、木の門あたり、
一本の幹から伸びた枝の先に、小さな小さな固いつぼみが
ただ一つ、
 見学者たちは傘を肩にずらし、それをいっせいに写メ。。
したのだった。


 昨年は吉野山千本桜を見に行った。
 この日も雨にたたられ、しかも暴風雨警報。。。、難渋の末
の桜見物であった(‘13 4・10吉野山千本桜ブログ記事)

 吉野はそれでも苦労して山登り?したせいか、思い出深く
山を背景に霞たなびく・・ような桜も見られた。


 けど、高遠の桜は印象も何もない・・・、
心残りで、それで今年、リベンジ!!


***
 新聞の片隅に載る“桜便り”を気にしつつ、天気予報に
ヤキモキしつつ、4・19日  イザ・出立。


 今回もバスで、次女夫妻と一緒に。
高遠城址の前に伊那の桜もめぐり、駒ケ根の章姫イチゴ狩り
もあり、お昼は“野沢菜とつくね鍋”という豪華?ツアーで
ある。気候は絶好の花日和。

 これまで次女との母娘の旅では、ツアーであっても、方向音痴
・地図の読めない代表?! 毎回、道に迷い、帰りのバス乗り場
も見失いさまよい、最後には走りに走り、ギリギリセーフ!!
・・という塩梅であった。

 
 普段はシャイでエンジニア系のおムコさん同行の時は、
イザという場ではしっかりサポートしてくれるので、
迷ったり遅れたりという・・そんな心配も失敗も無用、
 わたしは二人のうしろをただくっついて歩いて行く・・・、

 つくねのお鍋も美味しかったし、ただ初体験のイチゴ狩り、
・・・はちょっと、ドジった。詰め放題の謳い文句につられたか、
渡されたパックに詰め過ぎた・・・笑、

 ホントは 「パックに二段にして、大小混ぜて詰めていく
と良い」・・・との係員のオジサンの説明をわたしめはろくに
聞いておらず、
初体験のハウス内のイチゴの居並ぶ風景に目を見張り、
キョロキョロ!
 
赤い熟した苺をもいでは口に、もいでは口に放り込み。。。、
イチゴは洗わずそのまま食べてく・・・んですネ、
ちょっとビックリ!
 
 土産用のパックには完熟でないのを選べばいいのに、
すぐ横に真っ赤な食べ頃なのがぶら下がっているのに、ナンデ
未熟なのを!?・・とばかり、
見事な赤いのを二段・・・ではなくその上の隙き間にまた
乗せた・・・(-_-;)   ナイショですぅ!! 
長女んちのチビたちに食べさせてやりたかった、(^_-)-☆

 けど、傷みの進みも早い・・ザンネンな結果になった
ようであった(^^;

 

 肝心の桜はいやはや、お見事であった。
ただただ爛漫・咲き誇る桜の群であった。

 高遠桜と吉野山桜と見所を競う・・なんて番組が以前
あって、吉野山桜のブログ記に、“比べることの無用さ”を
書いたのだけど、

 吉野山を背に薄い桜色がところどころ、うっすら霞んで見える
のは幽玄で大自然の織りなす美であると思う。
 高遠城址の広い園内に濃いめの桜色がいっせいに咲き揃う
のはまさに壮大で壮観でもある。
 それぞれ、誇れる“日本の桜” だと思う。

***あくまでわたし個人の感想であります。

 

 高遠リベンジの思いは叶った。
“桜満杯の景”のお花見は堪能した。

  そして、今ひとつ、思ったことは、なんだかんだ言っても
これだけの凄い人混み・沢山の人が―じぶんも含めーお花見
に繰り出してくる、
・・・来られない人も現実にはあるとはいえ、

 平和・ニッポン・・・って、こと。。。
思ってみたのだった。





  伊那の桜

20140419120059.jpg  20140419115538.jpg


 高遠城址の桜

20140419155614.jpg20140419154803.jpg
20140419154031.jpg 
20140419160433.jpg  20140419160502.jpg 
20140419160957.jpg  


 桜の前に写っているのは次女夫妻!
20140419161636.jpg 







 ***上記記事は20日頃にワードで打ち込んだもの。
 💻トラブルで写真の取り込みが出来ない状態になり、
ブログ更新が遅れてしまいました、 ご了解ください。

 購入したお店に預けて、修理サポートしてもらいました・・
 
 
 何とか修復しました・・ 

 トラブルの因?は 持ち主の無知のなせる😢 (*^^*) “(-“”-)”
 たぶん。。。

 はぁ~、Windows8,1の怖さ!!
 💻アプリだか、アイコンだか・・に触れるのがオソロシイ。。。
 けど、
 めげてばかりもいられず、以後ガンバっていきまっしょい!!


 新しいパソコン壊してしまった!?

  日頃は、当ブログを訪問し読んでくださっている方々、
有難うございます。

 コメントに関しても書いてくださった方、お礼申します。
お返しもろくに出来ないままで申し訳けなく思います。
 以前、コメントの書き込み操作を誤ってしまったり、
返し方に失敗したり・・・、トラウマがあって、
なかなか技術・機能取得が進んでおりません。。。

 ただ文が書きたい!!・・・、その一心だけで我流?
でブログを始めました。
何とかマシに出来るのはワードで文を創作し、キーを
打ち込む・・・ことくらいです。


 ・・・そんな程度でブログ更新を続けられているのは
キセキ?!。。。みたいな状況でもありますが、 笑
これまで書いてきたもの新旧含め、いささかオーバー
ながら“人生・集大成”?!のつもりで書き綴っている
最中であります。

 

  三月半ば以降~ 旧💻・ビス太(誤植ではありません、
通称名です)から、新・ラビ絵(同じく通称名!)笑
に替り、モデム関連も光ランに替え(かなり苦労して)、
はや一か月になろうか・・・という頃、

 新ラビ絵の扱いでは苦戦中で、この4月16日~ 
メール画面が出なくなり、使えなくなってしまった状態に
なっています。原因の詳細は不明ですが、多分、操作を
誤った?
 説明するにはとても長くなってしまうので、略します。

 19日に高遠桜を見に行って、その記事をワードで打ち

 込んではあるのですが、メール機能不全により、
写真が使えません。古携帯で撮ったものをメールで💻に
送りブログに移す・・・という、この移し方も多分、
我流で手間暇かかるドンくさいやり方だと思われる・・・

 桜の写真が入れられず、記事更新がストップ!しています。

 Outlook機能復帰がどうしても出来ず、色々苦戦、格闘?
してはいるのですが(^^; 埒が明かず。。。
 困惑です、かなり気分は凹んでます。
 しばらく記事が渋滞?するかもしれません、
 あしからず、スミマセンです。

 またメールくださっている場合も返信を怠っています、
ご容赦ください(多分、どこかに入ってる状態であると・
メール画面が全く消去されているのではない?? と
思われます)

 ***以上お詫び・お知らせなど兼ねまして***

   花の降ったあと

 
降りしきったあとの 花蕋が
土のいろに馴染むころ
山の道は 葉桜の濃い翳りになる


ゆるい勾配のさき
竹藪のあたり 昏い地から
潔く 天へつきあげる蒼さ
藪の尽きる窪地に 低い軒が朽ちかけている


住むひとをなくしたそのときから
家はくずれ ひずみ
長い刻をかけて 朽ち果てていく
傾いた戸口は 住んだひとの息や手の
意思を残さない
板戸は外れ
隙間から 闇がのぞく
空漠の月日をかかえこんで
ぼろぼろ くずれていくのがみえてくる


と ふいに
風の草原がみえてきた


 
 老いた一頭の象が 群れから離れ
 草深い道を 茫茫 幾日か
 ついに 窪地に往きつき立ち止まり
 しずかに足を折り 蹲る
 長い鼻さきで
 谷から吹いてくる風を すくっては
 口に運び すくっては運ぶ
 風の空洞となって
 いつしか くずれて
 朽ちていく
 おおきな
 まぼろし



ふっと 見上げれば
雑木林の みどりの新芽が伸びあがって
朽ちた軒を 巻きこんでいる
そこに山つつじの橙色も咲きだしている

          春季の大整理

 春になると、毎年恒例の
家の内外と我が身のメンテナンスがはじまる。 
衣類の入れ替えや紙類やあちこちの大整理でいそがしい。
我が身はというと、“うつ”季に備えてのこころ準備など。
 

  
     庭のデコ園事情

 寒いころ、スーパーでの大根やキャベツなどの値が
高くて、それじゃ、自分ちで作ろう・・・、
 
 種を撒いてあれこれ手入れして育てて、長い間かかって
収穫!  ・・・という時になると、
スーパーの売り場でも大根キャベツ類の値は安くなってる!
、という・・・笑   ま、仕方ないか。

 大根は間引きも殆どしないで、自然のまま育っているので、
狭い“おデコ”の菜園では葉っぱがひしめきあって、途中から
あんまり大きく育ってない、

 それらを少しずつ引っこ抜いては、スライスして千切り、
人参もキャベツの端っこも白菜の残りもいっしょに千切り、
塩水に付けて絞って、サラダにして食べている。

 毎日毎日、野菜ばっかりで、飽きませんか?  って、
言われそうだけど、茹でたり炒めたり、生で刻んだり、
色んな調理で工夫してるし、  飽きません!!  笑


    
   
       先月美容院で見た週刊誌に

 最近のお墓事情、埋葬事情・・みたいな記事が載っていた。

 お墓は減る傾向、以前は散骨も規定があったり、
そこら辺の土に埋めるのも禁止・・の傾向であったのが、
実際には少量なら絶対禁止ではないそうで、最近では
故人の思い出の地に埋めたりすることも増えているのだそう。

 
 実は先取り・・みたいになるが、我が家では家人の骨を
少しずつゆかりの場処に埋めてきた。
亡き人がこよなく愛した草野球のグラウンドのベース、
一塁にはじまり三塁、病んでからも応援に通ったベンチ・・・、
それら周辺に土を手で掘って・・・、
少しずつ埋めた。


  
             “ゆみ塚”という

 後継ぎがいない我が家では、墓も作らず、もちろん仏壇
というものも無い。

庭のいちばん見晴らしのいい東南の一角に骨を少し埋めて
そこに小さな石を置いてーーそれはもともと、石の好きな妻
に夫が買ってきてくれた石であるーー周りに花を絶やさない
ように、派手好きだった人には賑やかめの色の花を植えている。
 
*石の上に小ちゃな石が乗っかっているのは、
元気な時に行った旅先のどこか、渓流のほとりで
どっちが見付けたんだか、  ホラッ、蛙みたいだ!・・・
 って、笑い合って拾ってきたものだ。――最初はもっと
碧い色で蛙にそっくりだったーー
    
  その横に丸い石も置いてあって、それはわたしがいずれ
入る予定にしている。娘たちにも言い渡してある。

 両方の名のイニシャルをとって、“ゆみ塚”と名付けている。  
20140415081807.jpg20140415081952.jpg 
20140415082202.jpg 




      節目の命日


 これまでブログにあまり書いてこなかった
亡き人のことを節目の命日を前に、どうにか書きはじめた。
最初の項を書き終わってしばらく、ブログが書けなくなって
しまった。

 前記につづいて、後記を書くつもりでいるのだが、どうにも
書けない。以降折りをみて、節目の区切りで、
ぼちぼち・ざっくり・・・で、書き進めるつもりではいる。


2014.04.10 天 の 舟
 
四月は喪の月である。


 桜花・咲き揃ったかと思えば、じき、はらはら、
花びらが散りはじめる。

     さく
        ら
     は 
                       な  
          
        は
       ら
                 は 
                                          ら
        
                     は  
                ら、

             は、 

                        ら、
 
     はらはらはらはらはらはらはら、、、、、、

 薄い花びらが風に吹かれて ただ儚く 散ってゆく。

 
 数年前・四月
 あのとき、
昏い螺旋をとめどなく落下しているような
先の見えない昏いトンネルのなかで蹲っているような

かなり心は行き詰まっていた。



 後で振り返れば、左程、長い年数ではなかったが、
その頃は ほんとうに
長い長いトンネル
昏い昏い螺旋の渦中
にいるように思えた。


 

術中の事故で夫は多数の後遺症を負う身となった。


 手術後、数日間意識が戻らず、
目醒めた夫は以前の夫ではなかった。
二度と元には戻れない身体になった・・・、

本来の病変に加え、それら後遺症との過酷な試練の日々が
つづくことになる。

それでも持ち前の気力が少しずつ戻り、少しずつ持ち直し・・・
数か月後には退院。
 不自由な身ながら、温泉へ家族旅行もし、好きな野球にも
 弟に連れられ応援に出かけた。 

 

が、うだるように暑かった夏・再発。
本来の病変ではない、手術ミスで詰まった脳の血管が再び
詰まったのだ。

救急車で搬送、ICUで生死をさまよった。

以降、再発・入退院を繰り返すこと九回に及ぶ。
 病との壮絶な闘いだった。
家族も心休まることのない日々・・・。



四月・伴侶が数度目かのベッドで伏す状況のなか、
わたし自身が参っていた。
じぶんがじぶんでないような
悪夢のなかに埋ずもれているような

どうにも出来ない状態に陥ってしまっていた。



一日だけ病院へ行くのを休んで、歩いて歩いて、
日の暮れるころ、F・パークのしだれ桜の咲き揃う前に
着いた。
元気なころは家族で見に来た桜だ。

少しずつ花びらが散りかけていた。
はらはら、はら、風に吹かれて舞い散る薄い花びらを
じぶんも風に吹かれながら眺めた。

眺めながら
ここ数年、昏い淵を彷徨ってきた自分を
吹っ切ろう
と 思い決めた。


・・・この先、なにがあっても受け入れよう・・・



病院へ行かなかった一日のあいだに夫は、重篤な患者の入る
ナース室脇の病室に移っていた。
肺炎を併発、
呼吸も苦しくなり酸素マスクが付けられた。


ドクターやナースに止められるのも構わず、F・パークで
買ってきた苺やリンゴなど夫の好きな果物を酸素マスクを
ずらしては
口に運んだ。

・・・ う ん、  美 味 い!


痛みや苦しみは点滴薬剤などで回避されているようだった。


・・・ もう    どこも わるく ないよ ・・・
・・・ 良く なったよ ・・・


けれど、再び持ち直すことはなく、
数日後 

―― うちに  かえりたい ――

最後のことばを遺して、還らぬ人となった。





      
             ☆
 
     天 の 舟       

海につづく天(そら)なら
きっと舟で行ける


炎の炉潜った台の舟
はらはら ほろほろ
白く透きとおる貝の骨
ひとがたに積んで
これから
天空への航海がはじまる
終わるのではない

桜吹雪の舞うのを待ち
六十回目の巡りを見届けた
子らをはぐくんだ両の手の
櫂を操り

舟は此の岸を離れ
天の向こうにつづく海へ


還ってゆく





2014.04.07 枝垂桜・満開
枝垂桜で知られたF園
満開です 

P1000127.jpg
 P1000128.jpg 
P1000129.jpg   
20140402093735.jpg 20140402094353.jpg
20140402094710.jpg
 

 川辺の桜は散り始めてます

 毎年ながら薄い花びらが、はらはら散る光景に
一層、儚さを感じます 


 

我が家のしだれも咲き始めました

20140403084144.jpg 20140403084613.jpg
20140407092243.jpg  




 川の土手には忘れられたように、土筆と蕗のとうが
一緒に、日を浴びてます

20140403162414.jpg 


 
2014.04.05 蝙蝠傘

    蝙蝠傘



前山の森にねぐらがあるのか
日暮れてくると ちいさな蝙蝠たちが黒い膜をひろげ
川の上を飛びはじめる


今は玄関にただ置いてあるだけの
黒い大きな蝙蝠傘をひらいてみる
まったく傘に頓着のないひとだった
よく忘れてきては持ち傘が替っていた

最後に残ったこの大きめの蝙蝠も
どこでどう調達したものやら
使われないまま さらに古びてさらに朽ちてしまえば
骨だけが残る


亡き骸は焼かれて灰になり
骨だけが残る
焼き場で骨を拾うとき
小柄な母は背伸びして
 ハイ ヨイショ、
ちいさな掛け声をかけながら長い箸でつまんで壺に入れた
順番が回ってくると
 ハイ ヨイショ、
 ソラ ドッコイショ、


リズムよく命も循環していけばいいのだが
なかなか そううまくはいかない
じぶんの最後のそのときがきたら
潔くいきたいのだが
それも なかなか


 桜の多い町である。

 駅舎に近付くと周辺、線路沿いに桜の並木が迎えて
くれる。

 公園や通り、そこかしこにふわふわピンクが溢れて
見えてくる。

秋には金木犀の香りとオレンジの彩(いろ)
 春には一面染まる桜いろ


 丘陵地を拓いてできた町らしく、起伏に富んだ風景の、
自然の残された町だと思う。

 
 駅舎のホームに立って、ニュータウンのある北側と
中心の街方向の西側をのぞいた、東南の方向を見やれば、
遥か見晴しがきく。
南方面にいくらか歩めば川につきあたり、遥か東には
山々が連なって見える。高い建物が少ないのだ。 
駅周辺、北や西側にはビルやマンションが林立しているが、
川や山に向かっては高い建物は、古いマンションが大小3か所
にあるだけ。

 かって、空き地が整備され、大手建設社によるマンション
の建つべく、整地も済んで、マンションの設計図も出来上がり、
あとは日照の説明を残すばかり・・・の状況まで進んだことも
あった。
 しかし、住民による強固な反対運動が実を結び、大手社・撤退!
となった。そんなことが二、三回ほど繰り返され、
以後は一戸建てあるいは駐車場に限られるようになっている・・・、

 そのような町である。
コンビニもレストランもない、小さな珈琲店があるくらい。
雑木林と住宅とが混在もする自然豊かな環境である。

20140402081538.jpg 
20140401115128.jpg
20140401113502.jpg
20140401114011.jpg
20140401114939.jpg
20140401114918.jpg
 20140401114814.jpg