2014.06.26 flower
    flower


    触れればカサカサ  
             音がしそうに
         乾ききった花の束が 
      店内の低い天井から  
                    あちら こちら 
     吊り下げられている。


    厨房の山本くんの 
          きょうのデザートメニューは 
       ヨーグルトシャーベット。


   くすんだ土色の花先が  
                 人口的な風 
         に乗って揺れるのを  
                         目にしながら
     白いシャーベットを掬う。


    むかし  
         キリシタン弾圧の厳しい刑 
     のなかでも 
           もっとも 苦しい刑が 
      さかさ吊り だったという。


   シャーベットは 
       ほどよい甘さで  
               ほのかに酸味以外
    の味もして 
           絶妙だった。





   


           昔々のバイト事情

 学生の頃、喫茶店やレストランでアルバイトをした。
いろんな店で働いた。
 その頃の飲食店の従業員の扱われ方というか待遇には
お店によってかなり差があった、と思う。
 それは今でも変わっていない面もあるにしろ、
その時代はなんぼなんでも差がひどかった。


 様々な可・不可、良・不良、その双方を、わたしは
体験してきている。

 一番働きやすくて楽しかったのは、「k餅総本家」
の経営するレストラン。
熱田神宮脇の由緒ある総本家である。

 その頃は従業員も多く、本家の和風の建物内には
ゆったりとした和室の休憩所があり、その壁に
ずらり~、と鏡台が並んでいた。今でいう化粧室と
いえばいいだろうか。

 女子専用部屋だったかもしれない。
食事を終えた女子たちが、各々、鏡台の前に座りこんで
いるのを見たときは見慣れないものを見る驚きで、
しばし見とれたものだ。

 玄関入ってすぐの広い三和土(たたき)の間で、
食事も、ちゃんとしたお椀やお皿に、普通の家庭
で出るような魚や惣菜が盛られていた。一同それぞれ
のお盆を持って広~い横長のテーブルに座って頂く。

 ただ、賄いのおばちゃんがちょっと、おっかない。
残すと叱られるので、わたしはどうしても食べられない
のは見付からないように祈りながら、膝の上のチリ紙
に包んで持ち帰ったりした。それも懐かしい。

 男子はレストランの上階の休憩室にたむろして、
ワイワイガヤガヤ、麻雀の卓を囲んだりして、横で
見ているわたしも楽しくなるような雰囲気だった。

 お店も本家も経営者もともに上質であったと思える。
店は縮小されて当時の賑わいは夢の夢になったが、
今でも商店街一角の元の場所にあるし、神宮東の本家
の和風宅も健在である。
  熱田名物・「k餅」は、餡を羽二重のお餅に包んだ
品の良い味。次女の大好物でもある。



 その一方で、繁華街・錦通りにあるお寿司屋・
k寿司は大きな建物でありながら、従業員の宿舎も
無く、ビル内上階の客座敷に、夜になったら布団を
敷き寝ているようだった。
 病気になって寝込んだら、屋上のトタンぶきの、
夏はカンカン照りの暑い、冬は吹きさらしの寒い
堀立小屋で休むのだった。

 休憩やお昼も、ホール脇の狭小の厨房で済ませる。
その昼ご飯といったら、エサ・・・、この表現はまこと
に使いたくない、のであるが、まさに、器からして、
ブリキ?みたいな椀や皿なんである。
 当世・お犬サマでもかなりシャレた器を使ってますよネ。


 食べ物もまともなお菜、ともいえないような粗末な
モノで、板前たちは卵をどっかからか調達して、ご飯
に掛けてかっこむ・・・というような。

 バイトのわたしたちは、あまりの粗末さ粗雑さに
度肝を抜かされ、家からおにぎりなどを持参した。
 寿司店のオーナー家族は、もちろんエサなどでは
なく、店内の最高額の極上天麩羅定食を作らせ、
食べていた。

 当時は遠方から、ろくな情報もないまま集団就職で、
送られて来た子たちが多かったのではでなかったか。
「k餅」、「k寿司」などに振り分けられ、運・不運に
分けられるんだな。。。
 と、当時のわたしは感じたのである。

 繁華街にあるその寿司ビルはその後、建て替えられ、
内容は一部貸席ホールなどに変わりながら、今も有る。


***以上、
 現在の事情はよく知らない、あくまで今は昔、
そんな飲食店“思い出ツール”であります。

2014.06.24 ら ららら
  ら ららら


六月です
暑いといってもまだ耐えられないほどの暑さには
ならないこの時候
好きな青い花も次々ひらきます咲きます
ケータイから音楽が流れてきます


だからといって 明朗にというわけにはいかない
この身にふりかかる幾多の難題
新聞にはこの年自殺した人三万人あまりという記事
この瞬間にも途方に暮れ路頭に迷う母や父 子ら
がいるだろう

 
あふれるほどの不幸な例
そのすぐ隣に幸福そうな家族もあふれる
降る雨は川面にちりちりさざ波をつくり


 お~い お~い
はぐれていくひとがいて
目の前のくるしいことかなしいこと
手のとどくこととどかないこと
どうしようもないこと
じぶんのことでせいいっぱいということ


ため息をひとつ
対岸から眺めているぶんにはどれも遠い
初夏の街はいつもと変らず
すこし うれいのきぶんで
青い花のひらくのを数えていたりする





  ***この一週間ほど、パソコンが不調?!で、
以前の古ビスタ号・・・みたいになったりする。
 ことにネットの接続が良くない。

 まだじゅうぶん新品のラビ絵💻の不調なのか、
はたまたサッカー観戦などでネットが混戦している?
・・というのかもしれないし。

 どっちにしても機器オンチには対処ならず、
ブログ更新も滞ってしまっている。
 
 少し古い?詩の作品を掲載してみました。
今回、首尾よくいくでしょうか??

🎶ドレミファ ♬ ソラ シ ド~♪




燕の雛の一番子たちが無事育って

さかんに飛び回ってます♬


燕ドレミ1
ドレミ2DSCF0142

ドレミ3DSCF0137 

どれみ4DSCF0136 

ドレミ5
ドレミ6

 


 ジャガイモ収穫

 ちょっとぉ~ 食べられませんよ~ 生ですよ~!
ジャガイモ2ジャガイモ収穫 



 花より団子。。。鼻、じゃなかった、花を植えました
暑いのでいくらか元気がない?

花より団子鼻?1 

花壇2 


 桔梗が咲きました 
桔梗1DSCF0144

桔梗2

桔梗3




その前に
引続き・・・

残り品片付けレシピ・特別バージョン2

トマトホール缶を使ってのレシピ

にんにく、赤唐少し、刻んでフライパンに入れ、
香りがしてきたら、玉ネギ、次に合挽きとベーコンを
炒め、塩コショウ、それに昆布だしを少し。

トマトピューレを投入、ぐつぐつしてきたら、
コクを出すためのオイスターソース、醤油少し、
ワインがあればーうちは無いので酒、

仕上げにパルメザンチーズを振って出来上がり。
召し上がれ!

6 12残り品レシピ8


これ実はパスタではなくて、残り品乾麺なんです
○崎○島特産品の細めの麺です
湯付き麺にして食べたけどとても美味しい!
けど1袋3~4人前、1袋でも食べるのに数日
掛かる。。。



おぼろ豆腐と野菜

6・12豆腐2DSCF0105

とうふ・野菜は
日替わり(・・といっても知れてるんですけどネ)




   古アルバムの片付け方

 押入れの下段にアルバムの入った段ボールが4箱
鎮座していて、押入れの下半分を占有している。

シニア世代のお宅では、多分、写真アルバムが数冊
存在していると思う。それも結構分厚な表紙のもの?!

 娘たちはデジ世代で、(親が持たせた幼い時代の
アルバムを除いて)もはや厚めのアルバムなど存在しない。
デジタル化するなり、或いはカラフルで洒落た、
百均で売ってるような小さなノート(みたいなの)
に収めるなりしている。

 我が家の夫は写真工芸の仕事だったので、
(卒業アルバムなども制作していた)
写真が趣味でもあったし、何処へ出掛けても、
こどもたちや景色を撮りまくった。
休日合い間には、それら写真を色々工夫しながら
綺麗に丁寧にアルバムに貼る作業をしていた、
楽しそうに。。。

 幾分、他所よりアルバムが多めかもしれない。



   再びの難攻不落・・・

  この度のプチ・ダンシャリ  イザ!! 
それなりの意思を持って、今は押入れ内に着手して
いるところ。

 アルバムの整理こそ不落の城、というより砦と
いうべきか。
中味を見始めたらまず進まなくなる。
主だった写真をデジタル化する・・・なんて、
そんなことアナログ人間に出来るわけない。
 

 震災のあとボランティアの方たちが、泥土に
沈んだアルバムを拾いだして、綺麗に洗い、
持ち主に返す作業をした話など聞き及んでいる。

一方で古い写真を取っておいても邪魔になるだけ、
と処分する向きもある。

 中味を調べて整理するとしたらいつ終わることやら。
 けど、階下の押入れには救急用の袋などすぐ出せる
ように置きたい。
せめて段ボール2個ぶんにまとめ直せないものか。

 わたしがやらなければ、娘たちの仕事になる。
いつか孫ひ孫の代になれば無用になると思えるし。

 心は千々散り・・・悩み通しているうちにも、
日々やることがいっぱいで、庭木はまた伸びてくるし
梅漬けの準備もある・・・、家の内外走り回っている
ばかりで一向に手が付けられないでいる。”(-“”-)”


6・12白紫陽花DSCF0117

6・12紫陽花DSCF0119 

6・12DSCF0112

6・12フパークDSCF0116 

6・12ガクアジサイDSCF0121 

6・12DSCF0114  

 枝垂れ桜の終わったF園では
白紫陽花が咲き揃ってます

 
 



2014.06.09 梅雨晴れ間
 
  梅雨晴れ間


うすい水溜まりを抱かえたまま
日が過ぎてゆく

忘れ水が あわあわ ながれ

よどんで しずんで ぶ ぶ ぶ 
あわ吹く日もある

    ☆

水無月に入った頃
訃報があった

むかし お世話になった

馥郁 の 笑顔で
摺りたての墨の香が匂い立つ
そんな方だった

不器用な若輩の背を押しつつ

バイ バイ またね
明朗に手を振って遠去かっていかれる


   ☆

紫陽花いろの雨が降る

・ ・ ・ ・ ・

半月が闇に滲んでいてさ

(途中をわすれてしまっている

ような そんな
詩の作品を

あの方は
薄墨を滲ませ 美しい書にしたためてくださった


すっかり 無沙汰して
以来 お逢いすることもなかった

晩年は車椅子の暮らし
と聞いていたが

遠い山里の田園に囲まれた
広い屋敷で うたかたの空を
みあげながら過ごされていた
(と おもう

ふっくり 笑った
みつこ さん
さよなら


     ☆

あわあわと水面がゆれ
今夜 薄い晴れ間の夕には
すこし滲んだ半月が顔をだしてくれるかもしれない


   片付け・頓挫中・・・

 整理整頓を始めたトタン、暑くなって、
押入れ内の収納棚・中味を出したまま、広げたまま
ダウン。。。

 これまでも折りにつけ、整頓と称して中味を
引っ張り出して、あーでもないこーでもない吟味
しつつ迷いつつ逡巡しつつ、
揚句 “とりあえず”仕舞っとこう。。。

となるのだった、 何のことはない、出してまた
仕舞い直しているだけなんである、

 “とりあえず症候群”  典型じゃないですか・・、

 
 今度こそは・・と決めて掛かりだしたので、
ケジメをつけたい、
 で、仕舞わず、出したまんま。。。になっておる”(-“”-)”



    緊急用と救急用

 非常袋と緊急用のリュック内に突っ込んである物
を引っ張り出して、タメ息吐息。本格的に避難した
ことが ないので、何を入れていいんだかよく分からない、
ザ・頓挫。

 急に具合悪くして入院となったらきっと、右往左往
するばかりで困るだろうからと、大きな紙袋に一応、
突っ込んであるが、これも此の度出してみたら、
う~~ん、ナンジャ、コリャ。。。というようなもん
ばかりで、また手が止まる、ザ・頓挫。

 部屋の隅にいくぶんかたまってるモノのかたわらを
通るたび、見るたび、ストレスが溜まる。。。
  ふん、なにサ、  ダンシャリ!!

 
     古食品始末の仕方

 シンク下の引き出しの奥に鎮座しておる缶詰や
ジャムなどの瓶、パスタの袋、乾麺類、シチュー
のルーの箱。。。
それらを一切合切、外に出す。
 まぁ、多少なり溜まったもんである。
 
 乾麺やジャムなど残ってる物は殆ど頂き物だ。
自分で買ったものは、これまで実に忙しい日々で、
買い物に行けない時用に、ついつい予備で買って
しまったり。  
これも “言い訳” 典型になる?!
 
 
 かって、母が老いて、施設に入る前、戸棚や
冷蔵庫家の中がモノで溢れていた。
 冷蔵庫内は自分で買い物もままならなくなった時、
家族たちが来たら食べさせたい・・・など、先を考え、
案じ、ついついの買い溜めであったのだ。

 戸棚や押入れの品も、娘たちが来たら持たせよう!
 お砂糖、乾物類から軍手、毛布、シーツ、パジャマ
・・・に至るまで、デパートに出掛けては買いに買った
のである。


  切ない気分にもなりながら、はっ! 気合を入れて
自分ちの始末。

 缶詰は賞味期限なんて見ないで(何処に書いて
あるやら) 全部開けて中味を出し、目と鼻と口頼り
で選り分けていき、朝のサラダ用として食べる。

 おぉ~~、クワバラクワバラ!


 頂き物の乾麺類も、
な~~んも食べるもんが無かった時、食べよう。。。
冬になったら煮込みにして食べられる。。。
これまで出し入れを繰り返してきたのだ(笑)
 
今回、食べられそうにないものは、
エイヤッ! 処分する。

   


   残り食品メニュー・特別バージョン

 朝食 
頂き物・パスタ(小さなレンコンみたいに穴のあいた、
多分輸入品)と缶詰フルーツ サラダ

14・6・2残り品ご飯メニュー1

 お昼ごはん
シチュールーでビーフとクリームを両方一緒に
同じ材料で途中で分けたもの(笑)
ルーの賞味期限? とっくに過ぎてます
クワバラクワバラ です

糠漬け・胡瓜人参新キャベツ とっても美味しくて
ご飯が進んでしまう 全体にいつもより多めの量
シチューは残した・・

昼ごはん 






ブログ使用夕2



 注目は夕食? でしょうね、
これは特別バージョンでなく、いつも通りの
メニューです。
 
 ひとりの特権、夕飯は作らなくて宜しい・・
夕暮れどきは散歩タイムで大事な時間なんです 

これだけ?  はい、
 いつも通り 野菜と豆腐!




 残り物片付けバージョンを食べているうちに、
おぉ~、ずっと41~42だった体重計の針が
じわじわ 右寄りになってきた。。。ヤバイっす!
それでもまだ痩せすぎなんですけどね、
 
でも数日で、無事42に戻りました。


 
14・524東谷橋

 DSCF0038夕焼け 

 夕暮れ撮影は5月末


2014.06.03 水無月の月
     水無月の月

    捨てられた
       おさない坊やの
    いのち 

    どんなに
     さびしかったろう
       ひもじかったろう
        こわかったろう
   
   かなしかったろう

     今宵 月も泣いているだろう

6・2三日月と木星
三日月2
ビルと月
公園三日月
三日月3


 6・1撮影 三日月の横に木星が並んでいる
 デジカメの元撮影には二つ写っているんですが
 ブログ用に縮小するとはっきり見えない。。。




    before・after

14528ツリーDSCF0051
2014528シンボルツリー
530木切りすぎ


 シンボルツリー、広がる枝を何とか切った、
ふう~~、数日かかった。
狭いうえ足場が悪く、脚立が不安定でグラグラするし、
フェンスの何㎝かの巾に乗っかって、重たい大きな鋏を
使う、ようやく切れた、・・と、反動でのけぞってうしろ
に引っくり返そうになる!

 脳シントーでも起こしらアウトだ、道路側に落ちれば
まだしもフェンスの内側に落ちたら、ダレにも気付いて
もらえない、はぁ~”(-“”-)”  “命がけ”である、
いつまでこんなこと出来るかなぁ~。。。


  涙壺 とふ紫陽花よ 藍ふかく

6・2庭紫陽花

紫陽花2紫陽花3





    みぃ~~つけた!

 緑なる三つ編みファッション  
    と
 石丸くん。。。

14528三つ編みDSCF0055528三つ編み3 
528三つ編み2 

14・5石丸くん

                                    三つ編みと丸石は5・30撮影


      
 
 5・30 中日新聞夕刊・写真

14530屋久島写真
 
 何年か前の時と同じ、新聞第一面左上です。
(以前の写真の方が大きかったと思う)
今回は縄文杉ではないが、屋久島中心にある
樹齢三千年とされるウイルソン株とのこと。

 前の時は突如、前触れもなく写真掲載の印象
だったが、30日の屋久島撮影写真は
「この国のカタチ」シリーズで“ハート形”と
して取り上げられたものです。
 (空洞になった内部から見上げると、頭上に
ハート形の空がぽっかり浮かぶんだそうな。) 


        ***付記・上記引用記事などは、個人的なシンクロニシティ
体験現象を説明するための補足引用させていただいたものです
(他意はありません)



 

      合掌する野の手 

 5・27「意味ある偶然」のブログ記を書いて
から、山尾三省氏の詩や文のことが思い出され、
古い読書ノートのページを探しているさ中だった。

  三省氏の“桃の道”
ページは見つかった。


 真っ直ぐで素朴な自然な表現のなか、ときおり
律する厳しさ野太さ、浸透する懐深さ。


 過去、わたしは著名な作家に後にも先にも
たった一度だけ、自身の発行する個人詩誌を手紙
とともに送った。
 
 その少し後、当地近辺の市の
「**館」という店で“山尾三省氏を囲んでの
食事と朗読の会”が催された、という新聞
の報を読んだ。

 程なくして、遠く屋久島から作家の葉書が
届いた。
――**館の集まりがあり、後連絡しようかと
考えたのですが…食事込みの料金が○○○○も
するので、遠慮した次第です・・・
 
 “合掌”の末尾で終る
素朴な字体、文面だった。 



  桃の道

14530読書ノート
530三省桃の道 






     水の降りそそぐ森で


 わたしの古い読書ノートには
桃の道 前後のページに

 見田宗介氏(社会学者1937生・東大社会学科卒)
「明るい水の降りそそぐ森で、生死の境界がなくなる
あの時に遭う」
という題のエッセイも書き写してある。

 そこには山尾三省氏とも親しく、その昔、自死した
若い夫婦の残された二人の幼い子どもを友人である三省
と妻の順子さんが育てた・・・いきさつなども書かれて
いる。
 
 * ・・・(ワークショップ)翌々日に
三省と一緒に、この島の奥深い山に七千年を生きて
きたという「縄文杉」に会いに行く。・・・



 雨の森らしい森の、
まことに美しい描写がつづいている。

  *見田氏の文のテーマは 「死を語る・死を想う」

 
 この読書ノートには、
「余白を語る」
「生まれたときから自己実現・死の準備」
「死ぬための生き方」
「わかれの儀式」
「喪の途上にて」
「チベット・死者の書」
「人生の秋」
「生きて迷わず死して悔やまず」
 
 ざっと繰っただけでもこんな題がつづいている。
 他にユングもカントもある・・・

 このノートに書き写したのは四十代のころだ。
何でこのような書ばかりかき集めて読んでいた?!・・・
 それにしても中味の濃い文・満載の感がする。


 書物の、心に残った頁をただひたすらに書き写す、
コピーするというテもあるだろうに。

 手も腕も疲れ果てて、乱雑な字になりながらも、
それでも好きな書の作家の、心に残る文を、流れを
リズムを、息継ぎ、呼吸をも、ともに書き写して
いく・・・
 わたしの至福の時間なのである。

 

 *三省さん六十代の早すぎる死・
悼みを込めて、書より抜粋

*環境を変えることは何の助けにもならない
   唯一の障害物は心である 
*子どもたちへの遺言・妻への遺言
 あなた達はあなた達のやり方で世界を愛すれば
 よいのです。


  
  野の道

DSCF0047.jpg 
DSCF0046.jpg 

                
                   
          シロツメクサと言うが、この辺り濃いめのピンク色
          が群生している  で 桃(モモ)ツメクサと命名!?  

DSCF0034.jpg