悲嘆からの出発

    扉 

不治の病、たいせつな人の死、そして
突然の事故――。
思いがけない苦難に直面するとき、ひとは叫ぶ。

「なぜ、こんなことが私に・・・」
「神はなんと残酷で、不公平なことをするのか・・・」

この怒りを、どうすればよいのだろう。
この悲しみにどう耐えればいいのだろう。


***ふたたび勇気をいだいて
 悲嘆からの出発  H・S クシュナー
 日野原重明+斎藤武訳 ***上記文・標題・引用 


  

   本との出会い 
      哲学を学ぶ

一時期、哲学書を読みに読んだ。
生死の書、精神学・心理学書・・・

哲学を読み始めると、必然的に心理学、そして
宗教書に行き当たってくる。   

日本の高僧では、最澄からはじめ、空海、法然、
明恵、親鸞、そして道元・・・と読み進み、
それぞれの生涯、遺した教典や内容・・・など、
自分のノートに書き写し、まとめていった。


道元まできて、・・・(あまりの難解さに)
途上で行き詰まってきた。
どうにも書き進めなくなり・・・、中断。

まとめるのは中断したが、道元のあと、
日蓮、 一遍、一休、蓮如、良寛・・・と、
読み進んだ。


***上記・「精神医学からみた日本の高僧」
 小西輝夫著書

この書は1981年発行、
購入したのは1990年代、当時で定価4120円もした。
製本もことに特別とは思えない、
わたしの蔵書ではとりたてて高額な書ではある。




特定の信仰は持たなくとも“祈る”ことはできる。

***先ごろの芥川賞の小野正嗣さんも述べて
おられる。
「・・・文学自体がある種の祈りだと思う」



そして、わたし“本の虫” はあくことなく読みつづけ、
ノートに書きつづけた。


津名道代さん・日本の宗教的人間
  隠れたる道の人びと

神谷美恵子さん・著作集
こころの旅は 本との出会い


千葉敦子さんも読んだ。
 「死の準備」日記


   

     心理学にも分け入って

E・H エリクソン著 小比木啓吾訳
  自我同一性 アイデンティティとライフサイクル

ユングも。 河合隼雄訳

竹内敏晴著  林立する魂の中へ

吉本隆明著  甦えるヴェイユ
  ―同時代のいちばん硬度の大きい壁にいつも
挑みかかり、ごまかしや回避を忌みきらった 
シモーヌ・ヴェイユ。

その他 多数・・・



     本に救われてきた人生

 
それらぎっしり詰まった読書ノート。
読み、書く、ことがわたしの人生、
まさに 本との出会いがこころの旅につながって
きょうまで来た・・・  そんな感慨がある。

  光り降りそそぐ場処で


一枚の落ち葉のうえに
道に転がる小石のさきに

降りそそぐ 光り

冬から春へ
つめたい風が吹きつのる日
ほっこり温かな陽光の差す日
彼方此方 季節はまどいながら
ゆっくりと うごいてゆく

ひともまた とまどいまよいながら

光る葉や小石など 目にしながら
重かった過去など振りかえり
今日いちにちを眺め
未知のさきを想い

泣いたり笑ったり 
空を仰いだりする

空の向こう
無理に引き剥がさなくたっていい
光りの向こう 
影をも踏んで

また光り降りそそぐこの場処で もう少し




 歯は何本あればいいの?

内科はここ数年掛かっていないが、
眼科は二か月毎、歯科には三か月毎に通っている。

歯科で診てもらった時、技工士(って言うんですかね?・・)
の若い女性に訪ねてみた。

 ・・・わたしの歯、今、何本ありますか?
(じぶんで数えてみたけれど、奥の方は被りモノの治療も
してるし実際にいくつあるのか、正確によく分かってないので・・)

ハイ。  ・・・いち、にぃ、さん、しぃ、・・声を出しながら、
数回数えて、

 ーー28本です。  

 大人は何本、有ればいいんですか?

 --28本です。

 えっ!  28本??  
 わたし、八重歯、抜いてるし・・・
 たしか32本・・・って聞いたことあるような?!

 --はい、それは :‘;p@¥・。。;::で、なので
**:;@p。+・*なんです。

マスクの向こうで何か説明してくださった。

 じゃ、わたしの歯はぜんぶ揃ってる・・ってことですか?

ーーはい、そうです。

なんか釈然としなかったが、後で調べたら、”親知らず”
がある人とない人があり、それを外して数えれば28本、
ということらしい。 へぇぇ そうなんだ~~


三十代~四十代初め頃までは、たしかに八重歯があった。
(八重歯を抜いたのは治療上の都合で、やむなく。。)



中学の最初の同窓会が35歳の時にあった。
それに参加して写真に撮ったのがある。

古アルバムの整理を昨年しているので、押入れ内を
開ければ、すぐ分かるし、すぐ見付かった。



   八重歯があった時代

最初の同窓会
 最初の中学同窓会二次会で
  ・・・やっぱりわたしは男子の輪のなかにいる・笑
 (他の方の写真はカットしたので上記には写ってないですが・・)

2回目同窓会
二回目の同窓会
  これ以降は出席をやめてしまった



八重歯があった頃

左が次女幼稚園  右が長女入学式





 この頃はわたしも今よりふっくらしてて、
155  43~44㌔くらい あったと思う、
その頃の時代的に、 ギリ標準ではなかろうか・・・


これ、かなり昔の写真です、念の為・笑

今は八重歯もなくいくらか顔もこけて・・・
(トシもとり・・・) 痩せっぽちになってます


***上記 写真は期間限定?!
いずれ 消去するかも、、、
個人的には別に不都合はないんですけど、
ブログにあまり プライベート的なの載せても大丈夫なのか、、、
よく分からないゆえ。 




    武術・コテンドー志願?!

女優の水野美紀さん(だったかな?)が、見た目は
とても美しい清楚な印象ながら、実は自他とともに
認める ”美男子〝型であるようで。

実際に男っぽい質で、武術だかコテンドーだかも
会得されてるようで・・・、
テレビで見事な術の技も見せてくれる。


わぁ~~~、 いいな~~、
わたしも武術やりたい!(^_-)-☆


朝起きてすぐのストレッチのあと、ヒソカに 
エイエイ ヤァ~!
コテンドーばりに 構えたり、足蹴り・・のメニューなど
加えているのだ・・・アハハッハ!

何も今更、護身術などとは言ってませんよ、

動いたあと、 とっても爽快なんです!


アラ環 とっくに過ぎて、41㌔の痩せっぽちが
武術 習おうかしらん ・・・
て本気? で 思ってる?    いやはや・・・。



朝のストレッチのメニューも少しずつ増えてるし、
最近 ちょっと、胸の筋肉がワレてきたかも・・・

娘に見せたら、

それ、  アバラ骨だよ!
   

  忍びて終わり・・・

   達人達・スイッチインタビュー

いささか遅くなってしまったが、
12月TV・NHK
「命がけの荒行 千日回峰行達成の塩沼亮潤僧侶
と 探検家角幡唯介」との対談放映より。


北極の氷原をたったひとり、重いソリで進んで行く
という探検家は朝黒く日に焼け、削ぎきった体躯と風貌。
―なぜ何ゆえ冒険をつづけるのかー
己自身に問いかけるという

角幡は 氷原の稜線のごとくシャープかつ、
一瞬の脆さもをはらみ・・・。


一方、塩沼僧侶は過酷な行の途上で倒れ臨死体験も
滲ませるほどの荒行を成し了え、
―自分の体が朽ち果てあの世に帰るだけー
悟りの境地に座す・・・ごとく

穏やかな慈悲の面(おもて)でしかし時折り、眼光の
鋭い深さをも垣間見せる・・・。



命の極限に立つた、或いは立つものどうし・・
“生死の意味” “心を正す極意”
が双方を往き合う・・・という妙味ある対談内容で
あった。


  

      千日回峰

塩沼が僧侶を志すきっかけになったのが、
小学生の頃に見た酒井雄哉僧侶の千日回峰行の
様子を撮ったTV放送だったという。

この荒行の様子を見て、
“自分もこの行をやりたい・・・との感情が湧いた”
のだと。

“後から思えば回峰行者になることが私の定めだった
のでしょう”



わたしもこの時の放送を見ている。  



     酒井雄哉僧の履歴

海軍入隊、ラーメン屋、そば屋の店員、セールスマン、
妻の自殺、
・・・により39歳で得度。

前半生は巷に溢れた市井人のど真ん中を行くように
生きてきたこの小柄なひとが、比叡山中の荒行・
千日回峰行をするのである。


ちんまり座して飄々と喋り方もぼそぼそ小さな声。
どこに、あの険しい山中を飛ぶごとく、にんげんと
は思えない(失礼ながら、小天狗か?・・というような)
速さで熊笹繁り枝木が横たわる山道を崖を上がり下りす
る強靭さを秘めているのか・・・。



 
     「最期の手記」
        死の4日前 健さん心境

達人対談を見、酒井雄哉行者に関して思い出して
いた時、


亡くなった俳優・高倉健さんが遺した「最期の手記」

「往く道は精進にして、忍びて終わり、悔いなし」

という比叡山“大阿闍梨”故酒井雄哉さんから
贈られた言葉で終わっており、死を前にした静かな
心境が伝わってくる。


そんな記事が出て、
酒井阿闍梨がらみの連鎖を感じ、以前関連書を
読んで自分の“読書ノート”に記したのを思い出した。

古いノートを数冊か繰って探すも、どうしても
見当たらない、
なんせ現存のノートだけでも十数冊、百ページずつ
ぎっしり、筆跡も色褪せ判読できない…箇所もあって、
探しあてるのも容易ではない。


あきらめていたのだが、四国お遍路関連の頁を探して
いたら、偶然、酒井阿闍梨・・・が見付かった。


  
      
     生き仏になった落ちこぼれ

「・・・三日すぎて四日目ごろから死のにおいがして
きたっていうね、。そのうちに点々と死斑があらわれて
きたのがわかった。しかしお経を唱えるのが大変なの。
量が多くて。だから睡魔などは入りこむすきはなく、
かえって感覚は異様に冴えわたってくる。
自分の体内からすべてよごれたものが浄化されて、
体全体が透明になっていくというか、そんな感じだね。
そりゃ実際は朦朧としているんだろうけども、線香の灰
がゆっくりと落ちて、それが粉々にくだけるさまが、
まるでスローモーションのようにはっきり見えて、
そのくだける音まで聞こえるんだ」



  
       忍びて終わり

小柄でぼそぼそ話した酒井大阿闍梨が健さんに
贈った・・・仏の教えの言葉

なんという美しい響きであろう・・・



***文中 敬称略
参考文献・著者長尾三郎 講談社
「酒井雄哉阿闍梨の二千日回峰行」

***阿闍梨とはサンスクリット語で「弟子を導く高僧」
という意味で、千日回峰行者に与えられる尊称である。

 一月は誕生月

一月に生まれて、歳末に続き年初めはさらに多忙
に、さいなまれる運命?!・・・となっている。

それでなくてもやること一杯なのに、
免許更新はあるわ、各書類提出はあるわ、
大掃除の続きはあるわ、・・・

ついぞ、しっとり、じっくり、じぶんの誕生日を
 ”しかと考え、試み、挑み・・かんがみてる” ヒマがないゾ!

それに、最近は誕生日なんて、一向に嬉しかありませんし。
(-。-)y-゜゜゜



    バースデー祝い

それでも娘たちは毎年、計画してくれて、
今冬は 遅れついでに、
次女のムコどの、二月生まれのYUくんの誕生祝いも
兼ねよう・・・て、 無茶ぶりでは。。。と感じつつも、

内心は喜んで、ムコさんたち運転の車に乗せてもらい、
イタリアンのお店へ。

パスタもピザも大好き!(*^^*)


    ハイ、撮りますよ~!

1・17バースデーハイパチリ


誕生祝い0941 誕生日おめでとう46

DSCF0945 - コピー
  ファミリー一同揃いました
  パチリ!!
  髪を整えてるヒマもなく・・(笑)



   いっぱい食べて

体重増えるゾ!  多分明日あたりには 
41キロから元の42キロに戻ってるかも・・・(*^^*)(';')


一同うちに帰って、”よく食べました王子 ”は 早速、
炬燵に入り、パソコンの動画を。
AIちゃんはママの隣でチラシの裏にお絵かき。
スケッチ帳も白い用紙もあっても、薄い広告紙の裏が
好き。  ハサミで切ったりもする。

ムコさん二人はくつろいで、  いつか まどろんで、
zzzzz zzzzz  夢のなか。。。。
 
一週間 はたらき続けて、お疲れのようです、


ホラ、風邪ひくよ、毛布掛けて。。。

娘たちに指示しつつ、

外は寒風吹きふきすさぶ厳しい冬の日ではあるが、
部屋のなかは温まり、それぞれの休日、

母親と娘二人、各、お喋りしつつ、

おやおや、さっきまで喋っていた子育て真っ最中期の長女、
アタマ が垂れてきて、こっくりこっくり・・・揺らいできた、
zzz~  zzz  zzzzz ~~


日は暮れてゆきます。


やり残したこと二つ

一つは富士山登山。

これは昔からの希望ではない、
近年、富士山登山の番組をよく見るようになり、

・・・そういえば、富士山、登ったこともない、
と気が付き出し(なんと、遅っ!)
一度は行きたかったなぁ~~
この願望はもはや、過去形になりつつある。。

テレビで見た「癌患者さんたちが登る・・・」と
いう番組では一人の患者さんに数名のベテラン登山者
のサポートが付き添う・・・というものだった。

本格的登山の経験もろくにないうえ、体力の老化
も著しく、・・・実現するのはムツカシイ・・・

年末年始時の登山道の混雑ぶりを見るにつけ、一層、
はぁ~~、こりゃ、ムリ。。。
諦めの境地に至りかけている。


   
    もう一つは

死ぬまでに一度は歩き遍路に出たい。。。

折々書いているが、わたしは
基本的に特定の信仰は持たない。

信仰は持たないが、大自然をつかさどる
巨(おお)いなる力には畏敬を持つ
そして分厚な仏教書をひもとき
聖書をも開く
般若心経も暗唱している
寂聴さんの「般若心経」読本・入門も読んでいる
が よく意味は分かったわけではない


5日のバス遍路旅の折、心経を唱えるとき、
わたしのは聴いて覚えたのではないので、教本なし
だと、どうもリズムが合わない、
途中から付いていけなくなったりして、教本に
頼らざるを得なくなったりした・・




正直なところ、お寺巡りにはそれ程の執着はない、
(お寺の雰囲気は好きで、過去の旅でも時々
寄っています)



    ただ歩きたい

ではなぜ、 お遍路??

ただ 歩きたいのだ・・・
歩くだけなら、なにも遠い四国まで行くことも
ないではないか・・・、

自身のなかでそんな思いが錯綜している。

若い頃から九州、四国の一部と観光地を除き、
千々浦々歩く旅をつづけてきた。

北海道の各岬から、東北・竜飛岬、大間崎、
啄木の岩木山、磯の海、賢治の岩手、花巻農場、
仙台、福島、中部の山裾、熊野古道、
京、奈良の古道、山陰、出雲、青海島、秋吉台・・・
山辺を歩き海辺を歩きに歩いてきた。


残るは四国遍路のみ、なのだ(・・・とじぶんでは
思っているふしがある)

究極的にいえば
一番~~八十八番・順番でなくともよい
必ずしもお寺参拝が目的でなくともよい

行きたい・歩きたい札所を巡れば それでよい


   
    遍路旅の本

かなり昔から、遍路旅・志向のゆめは持っており、
幾多の本なども読んでいる。

古くでは(読んだのはたぶん、1990年代)
西村望著
―――ものすごく歩いて歩いて、考えて考えて、歩くと
いうことは考えるということですからね。

・・・ですから旅の途中にある札所ははっきりいえば、
旅人にとっての一里塚。極論するならば八十八の札所
というのは遍路にとって八十八の休み場・茶店、
そういってもいいと思います。


2011年に読んだのは
細谷亮太・聖路加医師 
(これは多分ベストエッセイ集収録)

―――三十年間勤務のごほうびに病院が十日間のお休み
をくれたので、〈歩き遍路〉をしてみることにしました。

・・・何故、お遍路なのかは私にもはっきり
判りませんでした。しかし、八十八か所のうち、
徳島の一番から高知二十八番まで行程三百三十㌔ほどを
歩いているうちに、少しずつ憧れの理由が判ってきました。
来てよかったと心から思いながら過ごしました。
残りの千数㌔も、そのうち歩きたいと切実に思っています。

  へんろ道 はじまりにある なんでも屋
  へんろ道 落椿ふまぬよう ふまぬよう

・・・夜が明けてから日が沈むまで、ただひたすら
歩きつづけました。
  
  もう一ヶ寺 もう一ヶ寺と 来て朧



最近では 「だいたい四国八十八ヶ所」
宮田珠己著 旅のエッセイスト

―――「歩いて全部まわりたい」という欲求だけで
お遍路に挑戦。金剛杖も数珠も持たず、足かけ三年間
で六十四日を費やし、八十八ヶ所を完遂する。

 結願して、最後には「あー面白かった」 そして
「電車に乗ってさっさと家に帰った」のだ。
  



    募集中!

上記読んで、お遍路行きたくなった方、
体験者で再度歩く予定の方、
“地図が読めず、ちゃんとしたコース計画の出来ない、
体力もさして無いひとりの団塊ガール”を引き連れて
宿の手配などもしてくださる同行者・・・できれば男性
もしくは男性脳の女性! 数名。


 💻に向かう時間が無い・・・

正月あけて早や、十三日、
日々、家事・家の保全・チビたちの世話、
それにパート勤務(シーズン中の今は結構
仕事要請も多くて)・・・、

ただもう 毎日が、いっぱいいっぱいで暮れてゆく・・・
ナンというワタシの人生、、、



    神社へ

そんな中、ようやく寸暇を縫って、ウオーキングを
兼ねて神社へ。


往復6,7㌔ 6,7千歩 峠越えなど起伏のある山道
なので一時間ほど掛かる。

夫の闘病中、心折れそうな日々、この神社までとぼとぼ
歩いて行っては、深い木立のなかで佇んでいたものだ。

カ~~ン、音がするくらい、深い静寂な杜の空気に
包まれて、心を立て直し、家路についたのだった。




だ~~れもいない。

新しい縄?!が飾られている。

神社の杜1915

神社2DSCF0914


数年過ぎた今でも、心屈すると、この杜へ向かう。

神社40920 

神社と山DSCF0922

神社林0918

    
  


   鏡開き

十一日 日曜日には、地域の公園でのどんど焼き
が行われた。

僅かに残った切り餅4個携えて、焼き餅にします。
炭火なので美味しい・・・んですよ!  (*^^*)

地域のお役の方々によって、お汁粉や甘酒などが
振る舞われます。

どんど焼き0934

御汁粉0929 甘酒0930

汁粉と漬物0928

 DSCF0931.jpg

DSCF0933.jpg 鏡開き20936

 香ばしい焼き餅 大好き!!



    ゾウのデコ園

野菜収穫とキャベツ
DSCF0927.jpg


土仕事も欠かせません



    脳内・男性型って?

TV番組の「ホンマでっか」

たまたま見ていたらば、手の指、
人差し指より薬指が長い女性は、脳的に男性型である・・・
とのお達し?!

ふ~~~むむむむ。。。。

ふと己れの指を見やれば、、、、カンペキに薬指が長い。。。


ふむ、わたしめは男性型だと??
ヘンな話だが、妙にナットクしたのである。

若い時から、いや学生時代もっと以前??から、
女子の固まりのなかにいるより、男子と交じってる
ほうが、気分的に楽だった。

数名の男子のなかにわたし一人、違和感もなく、
ワイワイガヤガヤ…騒いだりしたものだった。

女子ヒトリ、モテよう、、、
とか、そんな気分はさらさら、ない。
単に居心地が良くて、一緒に居ただけだ。

男子たちは、女子みたいに個別あるいはこまかに
固まったり、
コソコソヒソヒソ、、、もしなかったし。

大人になりたての頃でも、男子ばかりにわたし一人、
交えて一緒にスキーに滑りに行っている。

夜に車で出発して、民宿などで半泊するのだが、
男子が気を遣って、わたし一人用に別の部屋を
頼んでくれて、

ひとり、部屋で寝よう・・・として、
逆に怖くて不安で、、、

枕を手に男子たちの部屋に
行って寝(休)ませてもらう・・・なんてことも
あったりした(笑)。
*情けない顔して入っていった時、男子らは爆笑!した

今になって、それら現象を分析?!するならば、
心的に男性に近い・・・ということだったのかも。。。

モチロン、見た目は41キロ弱のかよわい…女子です!
モンダイなく。。。!

そして、今に至っても、友人知人は男性のほうが
多いです・笑

私の左指DSCF0908 左手の平

今更、こんな老いてからの指、見せたくはないんですけどネ・・・


  遍路旅に出る

一月五日 快晴
念願の遍路旅。

ほんとは“歩き遍路” が希望である。

かなり前からのひそかな“夢”でもあった。
が、紆余曲折を経、いつしか老いてしまって
いて・・・、

“歩き”に関しては色々調べてみるも、・・・
体力も五感もアタマもすべてが劣化した昨今、
独り・遠い四国の歩き遍路をする自信がない・・・、

 

  
  

  バス旅の遍路
      一番~~~三番札所

というわけで、日帰り・限定?で、
バス旅に参加するに至った。

晴天に恵まれ、出立!!


バスは一台仕立だが、空席は見られない。
案外若い参加者も多い。

前の方の席しか分からないのだが、
周り、皆さん和気あいあいで、知人同士??
って思ったがそうでもないらしい。

初参加で、勝手が未知なうえ、ムダにせっかちな
わたしはドジな失敗も多く、
また、参詣中、デジカメを撮ってるうちにハグれ?
別のバスのグループに紛れ込んでしまう・・
(なんてアホ!) こともあり、
同じバスの方が連れ戻しにきてくださったりした(*^^*)

スタッフも、隣席になった若い女性も含め、
ほんと、皆さんとっても心根のよい優しい方
ばかりでトラブルも無く、
座席の周囲も清潔に保たれていたと思う。

今回、快適なバス旅だった。


これって、 “信仰の功徳” というのだろうか、
神仏による目に見えない力が知らず、動いている
やもしれない・・・(と、無信心なわたしは思った
ことだった)。
  



  昼食・お弁当です
    彩りよく並んでます!!

DSCF0872.jpg


  夕食用も出ました! 夜のぶんは鯖鮨!
     撮り忘れました。。



 

  車窓から
   最初に見えた ”海”

遍路旅 遍路旅快晴



 一番札所・霊山寺

1・5一番札所霊山寺

霊山寺門前

霊山寺1 霊山寺2

1番0881 一番DSCF0882

一番0878 1番0880



   二番・極楽寺
2番札所極楽寺

 
2番極楽寺
2番極0891 2番DSCF0890



   三番・金泉寺

三番金泉寺905



金泉寺門前906 三番0898

三番0903 三番0901
三番0900 三番0904



  長命杉
    これ何番目だったっけ~

長命杉893 長命杉896


 
 お疲れさまでした。。。
第二回は申し込んでおりません。

次はどうするか、深慮中!!



2015.01.01 天からの伝言
天からの伝言


星 降る夜
空を見あげる


冴えわたる夜空に
オリオン、


弓を張りつづけて
途方もなく 長く長く



聞かせて。
構えつづける その弓矢で
なにを守ろうとしてるの?
いつか 放たれるの?


冬の澄んだ星座を
眺めていると
ひとの世が一瞬だってこと
忘れてしまいそうになる


幾千回、 怒って泣いて
幾万回、 笑いあい
  言葉を交わしあって

ひとよ、
生まれるときも逝くときも
ただ 一度。


ねぇ、オリオン、
そうして ただ矢を張りつづけて
オリオン。


悠久 ともおもえる天の彼方の
虚空さえも
果てがあり 終焉がある
と いうこと。


オリオン、
いつかいつか 燃え尽きて
星座たちが 崩れ
星のしずく に なって
かけら に なって


流れてきたり、零れてきたり、
するだろうか