月曜日 夜半

急に胃痛がして、 程なく嘔吐、以後何度も繰り返し・・
一晩中 苦しんだ。

翌日朝、病院に行きたくても 動けない。
吐き気とトイレがつづく。


こんなときは おひとり様 非常に困ります。
だれも 助けてもらえない・・・。


水曜日は 医院が休診日なので 夕方 なんとか
起き出して  ヨロヨロ 歩いて行く。 
歩いて行っても10分余の距離だが、遠く感じること・・・、
駐車場がいつも満杯なので歩きで。

(でも 比較的 近い距離に医院があるのは 助かります)


待合室でも座っていられず、吐きそうなので、
中待合で横にならせてもらったり。

K先生の見立ては  急性胃腸炎。




    8年前に

急性胃腸炎で一週間程、入院している。

あの時は急激な痛みではなく、身体のだるさと熱で
仕事から どう帰ってきたか、記憶がないくらいで、
玄関先で倒れ込み、 その後 這ってリビングへ。

そのまま  一昼夜 倒れていて、、、
娘に 病院へ運んでもらい入院となった。


あの時より 吐き気がひどく、今回の方が苦しい。


二日間 何も食べず。体重が40㌔割ってしまった、
30㌔台だなんて、さすがに生まれて初・体験です
(身長は縮んだ今は 154)。


本日木曜日 2回目の点滴を。 吐き気はなんとか
治まった。  けど  胃腸痛がつづいている。

二日間 蜂蜜レモンと湯冷ましだけ 飲んだ。
ことに 蜂蜜レモンには救われた感じだ。


はぁ~~、 今年に入って、不調つづきで、
しみじみ 体力の衰えを 意識する。 

この先、どーなるやら。





    記事が遅れてしまった

・・けど   

土日 ひとりで泊まりにきた 長女んちの小4、
日曜の夕方  駅まで 送っていった。


来る時は ひとりでホームへ入り、乗って来たのだが、
帰りは慣れてないし、ホームも複線で電車も多いし、
ちょっと心配なバーバは ホームまで 付き添う。


 帰りの電車に乗る  


    バイバイDSCF3437 バイバイ またね~~


       廉帰ってった・・DSCF3438  帰っていった・・


 娘から 無事帰ったよ~ の連絡があった。
やれやれ。



 
   再び 草じゃんぐるの庭

  4/26草ジャングルDSCF3441 


  デコ園4/25
       ↑
 
 ここの 何処に 夏野菜を植えよう、って
  いうのでしょう・・・


毎年 今頃は ”ゾウのデコ園” 狭き前で 思案投げ首。。。


  25日朝収穫DSCF3439 25日 朝の収穫


 
   
  今日28日は 少し食べられそうで、今 お粥を
炊いてます、
早く 元通り 回復出来ますように。。。


  
2016.04.24 お役所仕事
  仮設住宅50戸

熊本県が仮設住宅の具体的計画を。。。
発表した。

2200戸程度が必要と推計、民間の賃貸住宅を
借り上げる動きもあるそうで、、 やはり 被災者の
方たちにとっても、遠方への脱出、より 身近な
少しでも安全な場処への移動が本来の希望・・・
であると思える。 

着々と 建設が進められることを願っている。



     街頭募金

当地の駅周辺にも ふたたび 街頭募金の有志たちが
立ちはじめた。

募金活動、趣旨に異存はあるはずもないが、
駅周辺は 日々 通り道で、  出勤の折は
行く時、降りる先の駅、  帰宅のあっちとこっちの駅、
そのたび、  駆け寄られて、、、

正直、ちょっと 怯んでしまうこともある(個人的意見です
スミマセン)・・・。

もうちょっと 募金活動の良策 って ないかなぁ。。(
心の声です)




     お役所仕事

・・・というと、 
融通が効かない、  縦割り、横割り、の風穴の通りが
わるく、連携が いとも易くチョン切られてしまう、  

ちょっとした難題の場合、  目の前で
ピシャン、 切なる解決の門戸が  閉じられてしまう、・・・

そんなふうなこと  過去に  何度か 遭遇している。




     人生初めてのバイト

多分、うろ覚えなのだけど 最初のバイト体験だったと
思うが それが  某・役所だった。

誰か友だちの 口利きで、 特に早急な求人があった、
というわけではなかった、、、  

場末の町の役所で、そのせいかどうか、古い建物ぜんたい、
のんびりした空気だった。


緊張の面持ちで あてがわれたデスクに座り、
見回していると、 始業時間が始まっても、空席のまま
の所もあるようだった・・・、

後で 分かったことだが、 地下だか一階だったかの
お店で お茶タイムを過ごしていて、 大分経ってから 
ゆっくり パイプなんぞくわえたベレー帽を被った中年くらい
の おじさん(職員です)がやってきて 椅子に ドン! と
のけぞる、、、やおら、新聞を取り出して 読みはじめる、、、

ベレー帽氏は  毎朝、そんなふうであった。

***(数十年前のことです・念のため)


新米・アルバイトの わたしの仕事は、さして
急ぎにする事もないようで、
とりあえず・・・、 何かの伝票に ナンバリングを押す、
という作業だった。  これ、今は もう伝説?!みたいな
仕事でしょうね、、、


けど  初めて  見る、 する、縦10センチ位の機器を
伝票の 上方片隅に バカン! バカン! 押していく
このナンバリング・・・、 子どもの手(中三だったか
高一だったか)  には  重くて、 使い方のコツも
何も分からず、 
見本に 一度  ボカン!  押して見せられただけで。


力任せで、半日くらい押しつづけて、
わたしの手首は、 腱鞘炎になってしまったので
あった。 


のち 働くようになって、再び ナンバリングに
再会?したが、  これ、 紙の上に置いて、そのまま、 
ポン!  ゆっくり確実に 下へ降ろせばいいんです、

そうすれば 簡単に・・、力も要らない、・・・笑



しかし、未だに  すぐ 腱鞘炎を 起こす・・のは
このバイトの時が因ではないか  と 考えたりする。


そんな  ”お役所仕事”  の  思い出です。



    小4の初旅   

週末 土日にかけて ひとり バーバんちへ!

土曜日  長女んちの小4王子が ひとり 他市から電車
に乗ってやって来た。


***
・・・今日、夕方前に 駅まで 送っていきます、
ひとりで  完ぺきに  ばーばんちへ来られるよう
練習!です。
ひとまず  ブログ 置きます  つづきはまた・・

  いつまで続く余震

終息の見えないこのたびの震災、長引く避難生活、

狭い車のなかで過ごすことの辛さ、危険な弊害が
出ている。

その地から脱出、頼れる先の無いひとたちは
どうすればいいんだろう・・・、

空き家の多い団地とかアパートとか、 
受け入れ体制を整えたうえで、一時的な移転にせよ、
希望者があれば斡旋するとか、、、

学齢期の子どもや老齢者の居る家族での転居は
ムツカシイ・・問題もあるかもしれないが。


自治体での管理がムリなら 国政が本腰入れて
策を練るべきではないか・・・、

非常事態、この折り、オリンピックの準備費用などでも
回すべきではなかろうか、

オリンピックも大事かもしれないが、 現実 殆ど
関心のない向きもある、 それどころじゃない民が
現実に居る、

大層なハコ物や 何かの開発や 議員さん誤魔化し収入
や なんだか よく分からない使い方される税金をこんな時
にこそ 優先、有効に使ってほしい。


民が納めた税金で、 (困窮する)民に用立てる、
それが筋ってもんです、


自治体も行政も、、緊急・対策が滞っている
ようで、、、 

報道で知るかぎりではあるが、
政府も 対策への本気さの実感が無い。 じれったい。


     
    

   話 変わります

    4ヶ月の赤子のママがダウン、、、

次女が体調を崩した。 車で3~40分の距離であるが、
わたしは目を悪くしてるし、 端っこの此処から
通行の多いバイパスを突っ走り、繁華街に向かう、、、
おまけに 駐車する場処も無い、、、次女んちのマンション
まで  車で行ったことがないのだ、

普段行くときは 電車を利用している、

・・・こんな時は じぶんの頼りなさが 身に沁みる。


娘は、ふらつく身で赤子を乗せ、病院へ走ったようだ。



点滴は ベッドの横へ赤子を寝かせて、なんとか
しのげた 由。

実家に近い病院を選んできたので、そのあとは
ばーばが世話をする。

赤子にミルクを飲ませ、オムツを替え・・・、
娘にお粥をこしらえ・・・、


勤務帰りに おムコさんにこちらまで来てもらい、
夜 ふたたび病院で点滴する次女を車で運んで
置いてきて。

ここで夕飯を。 用意しておいた肉団子や野菜や、
鯵のムニエルなど、夕飯を食べてもらい。。。


点滴を終えた知らせを受け、 (-_-)゜zzz…の赤子
(起こしてしまって泣き出すMくん、)を乗せて 病院へ
回って、  
帰宅する。。。


小さな子のいる家で  母親が倒れたら  万事休す、
であります。  役立たずの親でも、こうして 
多少でも助けられる・・・ってのは有り難いことだと思う。


明日 様子を見て、 電車で  応援に参りましょう、
イソガシイです、ハイ。




    命日

19日 夫の命日。

七回忌に 家族のみで ささやかな 偲ぶ集まり
をして それ以降は  特に 何もしていない。


   
   あの日の手術を軸にして

すべてが急降下した。 
手術により、動脈から、血栓が脳に飛んだ。
数日意識が戻らぬまま。

脳幹を損傷し、その後、幾多の障害を残す身体となる。


泣いてる暇もなく、医学書やネットを駆使して調べ、
医師会にも相談し・・・、


が、 夫は もはや元通りにはなってくれない、
刻々、深刻な状況に落ち、衰弱していくばかり
だった。

非力、無力感で潰れそうな日々。 
夜 床のなかで七転八倒した。

数日、数ヶ月のうちの 激変、その落差が
耐えられない、認められない、 
・・・が、本人の苦しみこそ  想像を超えてしまう、

つらかった。

 


   病人は最後まで誰も恨まず・・・

幻覚で暴れたりした一時期を のぞいて、
夫はだれも 恨むことなく、愚痴も言わず、
(”その時”が近付くころは弱音をぽろっと吐いたが・・・)
それ以外は終始 穏やかだったと思う。

(病院側は 手術後、一ヶ月も経たぬうちに、執刀した医師、
担当医、 院長まで替わって居なくなってしまった・
灰色の政治がらみで騒動になった一族経営の病院のこと、
患者の家族が どう あがいたところで 阻止に掛かった
ことであろう・・・)
 

夫倒れ、逝ったあと、しばらくは、詮無いと承知ながら、
悔いと自責が心に渦巻いた。


検査などしなかったら、
手術などしなかったら、
別の病院だったら、
・・・、
血の涙が逆流する思いもした。



    
    
   後年 元外科医による

こんな文を読んだ。


 ***
 ・・・外科手術は外科医が行う。
ひとが行うことに完全はないから、外科医は確実な
結果を約束しない、
約束できることは、害するようなことはしないことと、
誠心誠意、尽力することである。
 結果はすべて手術を受ける側が引き受ける、
それによって人生がどう変わろうと、自分が決めた
ことだ。 ー以下 略ー

   *国立長寿医療研究センター 総長 大島伸一氏
   *2011/8/26中日新聞記事より抜粋

 *この記事を読んで、
夫は天性の質で、意識せずともこの考えの神髄を通した
ひとだったと あらためて思ったことだった。

 *そしてわたしは 
じぶんの至らなかったこと、尽くせなかったこと、悔、
ひとり残って今も生きてることの後ろめたさ・・・、
その他、 もろもろすべて、 

を、 この残余の先ずっと、 背負っていくつもりでいる。
その 負い目の”負”が  生きる糧ともなっている。
 


   19日命日DSCF3421 

   DSCF3425.jpg 19日撮影 

  
      
                             
***上記・
コマ切れの時間を塗って、少しずつ 書き溜め、
20日の深夜 ブログ記事にしたものです。

               
                        

     
2016.04.18 詩人を偲ぶ会
  ブログ記事の内容・・

・・・、気軽に書けない気分である。

熊本の地では 余震がつづき 苦難がつづいている。

 
 

   天候不順がつづく

この地でも 暴風雨に見舞われたかと思えば、 
夏日・・のような暑さがきたり。

なんだか情緒不安に 駆られるような。




   基本 ひきこもりの日常

仕事の要請がない時は殆ど外出しない、
とはいっても、 じっとしてるわけではなく、
なんだかんだ、動き あっち片付け こっち片付け・・・、

が、 わたくし片付け法とは  上下、左右 場処を
ちょっと替える?!  そんなふうなので  見た目 
あまり片付いた印象は薄い(逆に 場処を替えたせいで、
捜し物に余計時間と手間が掛かってしまう、、)


 なんだか  ムダな人生・余生 送ってるかもなぁ~~

 と、いう感慨 無きにしもあらず。。。

でもまぁ、これまで  働きに働く人生だった、
ときもあったのだし・・・
ま いいんじゃない??

と いうふうに  おのれに 言い聞かせつつ。。。


ともあれ 
夕方前には  買い物を兼ねて 歩きに出る。



    

   ありふれた日常

見た目、町はすこぶる平和、 
なんでもない ありふれた暮らし風景である、  
ビルが並び、 お店があり、 車が道路を行き交い、
人々が道を歩いてる・・・、


・・・ もし   トツゼン、  地が  ぐらん、
ひっくり返る・・・ように  揺れ出したら・・・、  


想像するだに  恐ろしい。



かの地の救助・救援が スムーズに手際良く 進むように
祈っています。 政府さま  ムダな動きでなく迅速に
的確に切に願います。

ボランティアに向かう みなさま  おつかれさまです。




   なにもできない
   後ろめたいのをおして、、、

日常出来事の 記事を・・・。


   

   詩人を偲ぶ会 

グループや詩誌に所属することなく、
独りで書きつづけているわたしの 唯一・例外が
車で十数分ほどの、 ニュータウン  詩の会。

一時は グループ名もあったり、詩誌を作った時期も
あったのだが、

中盤以降は 
詩人仲間のお宅にお邪魔して、数名、お茶しながら
時節の話題に興じたり、、、 
最後に それぞれ持ち寄った詩作品を 講評し合う・・
という そんなささやかな集まりだった。


中心になったのが 「先生」と呼ぶ その方だった。
大学教授の 傍ら、詩作をされ、
w・H・オーデンの共訳などされている。
T・S エリオット 荒地の詩 原文・訳詩とも講じて
いただいたりした。


詩の勉強会に入れて頂いたとき、 次女がまだ幼かった。
ずいぶん 長年、つづいたと思う。


先生が病に倒れられ、 最後は三名になってしまった詩の会、  
まもなく 閉会となった。


先生はじめ、仲間の方たちは 他のちゃんとした詩誌に
所属し 詩作品を発表しておられた。


わたしのみ  無所属。


詩の会・閉会後は  独り、ほそぼそと 詩を書きつづけ
個人誌詩を作ったりしているのは、記事にも書いた通り。




   先生・逝去

このほど、元お仲間詩人の お骨折りで、

「先生を偲ぶ会」 が 催された。

先生のご夫人を囲み9名が イタリアンのお店で
会食した。

 DSCF3346.jpg 前菜


 あと パスタ、メインのビーフ料理、、
の写真  撮るのを  忘れてしまった、、、
なんということか・・・、 写ってない(焦) 
 
 DSCF3347.jpg デザート


 プチ同窓会・・のような趣、懐かしい方々と
再会できて  感無量。。。でありました。 


今後もさらに 詩を書きつづける、書きつづけたい・・・
所存であります。


  常日頃 頭のなかでは

大抵何かしながら・・も文の構成をしている(それが殆ど癖に
なっている・・・)。 

すぐ 書き留めるわけでもないので、忘れ去ってしまったり、、、
イザ 書き出すと、、、上手くいく時もある いかない時もある。


ここ数日 書こう・・・としていた内容、

熊本の地震の 悲惨な状況をかんがみ、書けなくなっている。



   こんなノンキな記事 書いてていいのかなぁ・・・、

昨日 次女は赤子を連れて 皮膚科へ行き、
薬を塗ってもらった。 ひにち薬・・・ということで、しばらく
様子見・・ということだそう。

病院はこちらにあるので実家へ。。。


 びっくりぽんSCF3398 - コピー こんなソファの上に
 ぽん! と 置かれて、、、 びっくりぽん!


 娘んちの 赤子の写真、許可も得ず 載せてて、
成長したら、不都合も起きてくる??

こんなん、いつまで  出来るかなぁ・・とも思う。
せいぜい  小さな今のうちか・・・とも。



 DSCF3401 - コピー 体重は少ないけど元気です

 

  キョトン2DSCF3408 - コピー  じぶんで ころん、
 寝返って キョトン!!  
 びっくりぽん!・パート2

 
 あちこちキョト、キョト 見回して 
 あれれ、なんかヘンだなぁ・・  
いつもと様子が違う・・?  という顔 (*^_^*) 


 寝返りしたは いいけど 元には戻れない。。。
 
 
 バーバ・・・このまま 放っといていいの?
 ママ ・・・うん、  いいよ・・

  

 
    しばらくすると ぐしゃ、、、

    グシャ・・おねむzzzDSCF3409 - コピー  となって、、、
 あらら、ら 
 そのまんま おネム、、、(-_-)゜zzz… zzzzz    




   ゆりかごベッド

    ゆりかごベッドDSCF3414 ・・と名付けている


4ヶ月・Mくん コロンコロン・・・動くようになったし、
もう使用しなくなっていて、


今日 片付けた。



小4の坊やが 産まれてすぐ救急コロニーに運ばれ入院、 

そこから退院するとき、
この 揺りかごに乗せて帰ってきた。


長女のムコさんの ご両親が購入してくださった。


以後、 Iちゃん  Mくん・・・、


出したりしまったり 娘たちの母親であるバーバが
管理?している。



ふたたび 使うことがあるかどうか・・・、


とりあえず  干して綺麗にして、 包んで
二階の クローゼット上段に仕舞った。

 




  こんな なんでもない 普通のことが
出来る・・・・って、 有り難い、しあわせなこと・・・
なのだ、



今もつづく災害に翻弄され、心労の方々、
に ただ 思いを馳せる・・・ことしか出来ない。   



  地よ天よ  これ以上   荒れませんように!!


2016.04.14 背なの子守唄

  次女んちの赤子は 

4ヶ月になった。 

健診で、  やはり 体重が少なめ、
ミルクを増やすよう、言われたよし。

ほっぺの湿疹が赤くなってて 痛々しかったし。

 薬は塗ってるの?  
 ・・・うん、

繊細な次女に あまり口出しして 気に病むと困るので
控えている。

新米ママは 誰しも  戸惑うものである。
子はすくすく育つ・・・っていわれるけど、  

現実はなかなか・・・。

とりあえず ミルクを増やし、 皮膚科へ連れて行くことに
なっている。   無事 元気に育っていってほしい。



   ここ数年

”ひとりで 自由で  日が暮れて・・・”

の、暮らしをしている。
   
世間で言われる・・・ような、  それほど 寂しい思いは
していない、
・・・と、 前回も書いたが、  それは多分、
 
娘たちが 至近距離に住んでいて、 車で3,40分も
走れば 会える・・・という理由も大きいと思う。

週末の折り折り、  長女とチビたちが やって来るし・・・
次女も  何かのついでがあれば  ベビーカーを車に
積んで やって来る。



むかし 仕事のある長女を助けて、今は小4になった坊やを  
背中におぶって、子守りした。

川沿いを 子守唄なんぞ 歌って・・・ねんねん ねん~~♪

その子が大きくなって、おんぶを卒業して、
背中の  あの   重み、ぬくもり・・・

もう 味わうことがなくなった・・・と   なんだか 寂寥を
噛みしめた、   

と、   二人目 女の子が産まれ、
また 古いおんぶ帯を  取り出して  おぶって
散歩などした。  あの 温(ぬく)い 背中の感触が
よみがえり、背中だけじゃなく、胸も頭も全身嬉しい思い
があふれた。



それも また 終わった。


今どき  流行遅れみたいな おんぶ帯。
押し入れにしまいこんだ。


数年して  遅いスタートだった次女んちに 朗報が
舞い込み  赤子が誕生した。

すっかり トシも取って、よろよろ・・・めいているが、
さっそく   おんぶ帯を出して、  準備怠りない。

2016.04.12 強風注意報
 春の季はめまぐるしく

晴れたかと思えば降ったり 風が荒れたり・・・

昨日11日当地は 強風注意報が出た。

暴風にも耐えて わが家んちの しだれは葉桜となりつつ
踏ん張っている、



 4.12葉桜に」DSCF339112日朝撮影



  桜が散る頃、代わりに 足元にこんな・・・

    芝桜DSCF3393 芝桜が咲き始めた




  前日 載せたライトアップ  あまりにしょぼくて・・・
  撮り直し



   11日 夜 撮影

  二つのライトアップDSCF3373


    4/11ライトアップDSCF3372


       2DSCF3375  


     庭燈DSCF3380
     下からは庭燈も照らす?

  
   列車の灯DSCF3377
    
    桜の向こう 川を渡る架線列車の灯


  列車2DSCF3378

   夜桜写真・リベンジ・・・とまではいかないけど 
     前日よりはちょっとマシかな?




    
    朝採り
  
   朝取りDSCF3386  朝食用の野菜


 朝、庭に降りて ゾウのデコ園の葉っぱを摘む

 ミントやセロリの葉っぱ ドクダミなど、 マグカップ
いっぱいにお湯を注いで  ハチミツレモンも入れます・・・

朝 一番に飲みます
目が覚めます 笑

今、 レタスとか 葉物が高値なので、庭で採れる
とりどりサニーレタス類で 助かります。



***これから用があって出掛けねばなりません・・

わたしの余生・人生  イソガシイ。。。(*^_^*)

昨日のつづき、は いずれまた。 



  しだれ桜 散り始め

 名残の桜

4/6しだれDSCF3250




 ちなみに昨夜10日 夜桜

ダメ元で 撮ってみました、   
デジカメで 未熟な技術で これが精一杯・・?!

   4/10ライトアップDSCF3354


 
 2DSCF3351 



   3DSCF3352  


 アハツ!  ・・・実際の見た目は もうちょっと
 街燈に照らされて 綺麗なんですけどね

 電柱の白熱灯じゃなくて  オレンジの電燈です
 ミラーも設置されてます・・・





   長女んちのIちゃん

この春 1歳から長かった保育園を卒業して 

6日 新一年生 入学式でした。

緊張のせいか、目に涙・・・泣いたそうです (;.;)


6日は わが家ファミリー 全員が 実家の此処に
集まりました。
Iちゃんは こころなし 浮かない表情。。。

学校はとても遠いし、、、大人でも 大変な距離です、
園は近くて ママが送り迎えしてくれたし。

急激な 変化に 幼な心に 不安でしかたないんでしょう、
少しずつ慣れていってほしい・・・と バーバは祈ります。


 
 
  新4年生になった兄王子は?!

ちゃんと妹をフォローしてる!?

相変わらずマイペースのまんま・・・

この子を春休みのあいだ預かって、偏食のお昼ご飯は
苦心した、、、



  廉の昼食4/5DSCF3202  チラシ寿司

土日は混むので買い物に出ず  月曜のお昼には
農協さんで買ってきて こんなのを 用意 ↑


 翌日には餃子など 色々作った

  DSCF4/6ご飯  


  20160405134158.jpg  王子の大好きな鮪
 ・・をのっけて

 
 農協で 解体された?ばかりのマグロ販売で 購入。 
 
 刺身も餃子もお代わり!!  完食。

 
録画を見たり パソコン動画を見たり。。。 

 ーー動かないままじゃ、でぶちんになるよ、外 走っといで!!

 ・・・素直に外へ出て行って、公園の角からぐる^~~
 一周して走ってきたようです。笑



   その春休みも終わって

ほっとする間もなく 季節変わりの家事雑事に追われている。


ほんとは みなが集まった折、  
我が老後の あれこれを話しておきたかったのだけど、

子連れは 常に忙しい。。。


その日 長女家族は次の用事で早々と帰っていったし。


次女とムコさんは  ベビーカーに赤子を乗せて
F パークの「しだれ桜祭り」 の 花見に。。。



こんな春先の陽気に、先の先? 老後の話でもあるまい・・・

が、 身体を壊して以来、考えることも多く、
先延ばしにしている目の手術も控えて、

先のこととは言えなくなりそうで・・・

とりあえずは 遺言ノートの確認と書き足すことは
書いておかないと、、、

という心持ちではある。




  卯月は喪の月でもある

夫逝って 何々年、、、


おひとり様の暮らしになって、 さびしい・・・
と思ったことはない。


夫亡きあと 暫くは 次女も居たし、
次女が 出て行ったあと、 さびしい、、というより
親の役目の区切りが付いたような、肩の荷が下りたような、  
ほっ!  安堵の気持ちのほうが 多かった。


ただ、 二人なら出来ることがひとりで出来ないことは
多々 有る。

重いものが運べないとか ソファが動かせないとか、、、
そんなレベルであるが。


今回も長くなってしまった・・  

***次回につづきます




  桜散る

川辺の道や公園脇は ピンクの花びら絨毯のように
なっている。  
わが家のベランダにも花びらが舞いこんできて・・
布団を干していると 小さなピンク模様になっていたりする。



  しだれ桜

わが家んちの桜 6~~9日満開です。

   4/6しだれ編集DSCF3244



   うちのしだれ桜4/9満開




 使用3DSCF3324 2DSCF3322



   ブ6DSCF3343 




  ブ4DSCF3326   ブ使用DSCF3311 



  しだれ1DSCF3229 



          差し替えDSCF3325 


 ちょうど桜の前が川のカーブにあたり 住宅仕様の
電燈が立ってるんです、 夜になると このしだれ桜、
ライトアップされる.。。。という
偶然のオマケ付きであります。。。 (^O^)




 この桜 切ってしまうか 残すか・・・!??
 
 こころ乱れます


 ** 桜の話題がつづきました・・・  




 
   詩誌制作

 24号制作DSCF3087  個人詩誌24号


前23号・ワードでのA4二つ折り冊子制作は
PCでの全編集、初トライで不慣れで とても苦労した。

冬から春、身体を壊してしまい、その前から詩も
書けなくなっていて・・・、

すっかり 間があいて、 冊子編集のやり方が
まったく アタマから抜けてリセットされてしまっている、、


もはや昨日のことも忘れてしまう、、、というレベルだし、
やり直すエネルギーが無い、、、 

印刷の時点でも 何度も何度も失敗を繰り返し
かなり苦労した(・・こと、それはしっかり 覚えてる!)


考えあぐねた末、
送って頂く詩誌を参考にして、今号はこの形で仕上げた。


編集は 写真を入れるため、やはり 苦労したが、
プリント(印刷)は 多少楽だった。



あとがき?にも 書いたが 今回は
 
”出来る範囲で自由に” コンセプト・・の春号とした。

  
    

   何とか仕上げたものの・・

送る段になり  逡巡・迷い・気後れ?・その他もろもろ、
送付作業が ストップしてしまった。

弥生月制作なのに 卯月の今も未だ 不手際に迷いながら
・・・ぼち ぼち ぼち、、、
と送り出したり。 かなりの鈍行である。



どうにか 送ることが出来た詩人が早々に詩誌を
届けてくださったりする。

”ありがたく存じます。”


なかには作品の評など頂くこともあり、ありがたく受けてます。

ただ、   書き直して再発表する手立ても場処も
持たないし、わたしの場合、詩作品は書いた時点で 終り。

(あとで あまり見直したり 書き直したりすることは
しない)


可能ならば(送った方の)作品などを見せて欲しい・・。


詩誌がなくても  詩作品の コピーでも送って頂ければ
なお ありがたい。  独り書く者の刺激になります。



と まぁ、  なんとかかんとか  書いたけど・・
頼まれもしてないのに  勝手に送付させて頂いてます。

届いた方々、 ご迷惑おかけしてるかもしれません。
ご了承くださいませ。(*^_^*)



 根尾 淡墨桜


尾根淡墨桜DSCF3275

 

  1DSCF3270 


 ・・・念願の淡墨桜  やっと逢えたね
  生きてるうちに逢えて よかった・・・
  

  孤高に咲く桜大木 
 1500年以上も そこに立ち尽くし、風雪に耐えてきた 
  その姿形 

しんと胸底に映り しずかな感動を呼ぶ

周囲に観客も誰もいない たったひとりで見るなら
泣いてしまいそうな・・・




 風雨で荒れた昨日 7日の撮影。

おそらく 好天だった6日が満開・最盛期・・だったと
思われる。

 横殴りの雨に降られての見学、となってしまった
けれど、 散り際に淡い墨のような色になる・・
まさに その色であった・・・

 
 2DSCF3273


   2DSCF3271


     4DSCF3274
 

 ぐるり 一廻り

     編DSCF3277
   
   
      編DSCF3284


   周りにはこんな公園も

      公園DSCF3294

      公園DSCF3295
 


 横殴りの雨で 誰も行かないような道や橋を通って

 展望台への橋DSCF3296  尾根村の里DSCF3297
                     雨にけぶる尾根谷

 だーれも居ない展望台まで歩いた 
 全身濡れねずみ・・ 
 
 ハ、 ハックシュン! 風邪引いた・・



  DSCF3293.jpg
   雨のなか、本日の見納めです

 



  可愛いらしい電車にも乗りました

  樽見鉄道 DSCF3299  樽見鉄道
   お花見列車 各駅停車


 樽見から 織部駅まで

 雨で外もよく見えないし  ゴトゴトゴト ゴットン・・
 心地良く揺られ 疲れも出てて・・ (-_-)゜zzz…zzzzz




 旅のランチです

 旅ランチDSCF3266 編DSCF3267
  目の前の鉄板で焼くお肉

 この量で2回 お皿に乗る あとはモヤシとか・・

 サラダもあり 

  
  デザート
 旅デザートDSCF3268  

 個人的な好みではちょっと物足りず 
 ご飯は充分だったけど・・・





 風雨で傘も吹っ飛び、帽子も吹っ飛んで、
 大事なモノを落としてしまう・・というオマケつき

散々な旅ではあったけど それだけに思い出深い旅と
なりました  お疲れ~~!


 
  2日は晴れて 桜は満開

山と桜使用DSCF3176


   桜通りブDSCF3161


      編集DSCF3153


   編集子どもDSCF3150


     見物ファミリーDSCF3152  

          花見の家族が集(つど)って・・
  





    ウオーキングの先で・・

   山里2DSCF3192 山里の桜



      山里の桜4/2DSCF3191





 3日 日曜は一転 肌寒く はらはら 花びらが舞い散り
夜から雨が降り始め  当地には  洪水注意報が入った。



   所用があって

日曜はJRと地下鉄に乗って・・・、

四月・新入生やフレッシュマンの溢れるシーズンで、
地下鉄駅長室は 定期購入の長蛇の列。  

乗換の多い駅では とても進みそうがないので、
降りる先の駅で。  
そこでも結構並んでいる。


年のいった係り員がひとり、一台の機器の前で
かなり 時間かけながら 相対するもいっかな
列は進まない。


計算?が済むと 代金、  その代金を受け皿に
乗せて 奥のほうへ・・・歩いて、金庫?から
お釣り出して、 歩いて受け皿持って 戻って・・・
精算。。。 そして長い行列の次のひと、  

それがえんえん・・・、


オソロシイ位の非効率さ。

   

   駅長室関連さま  

手提げ金庫というモノも有ります、せめて 
新定期発売シーズン中のみでも 今少し増員
するなり 効率よくスムーズに事務方が進むよう 
改善されてくださいません??   



”いらち”のわたしは、こうして待たされるムダな
時間が惜しい・・・、




   ”行列”は 回避したい

名物?店だか スイーツ店だかで、行列がつづく
のを テレビで見たり、実際に 街で見掛けたりする
けど、 わたしは 並んでまで食べたいモノ、見たいこと
・・なんて  ありません。

できれば 行列は避けたい。


はぁ~~、 おかげで 帰宅がすっかり 遅くなって、
夕飯は  またもや 無し?  あ ブラックチョコ
先っぽの一段ぶんと 牛乳を飲みました。



  4日  桜は はらはら
            はらはらはら、、、、
               風に舞い飛んで、、、


見所は今週末くらいまででしょうか・・・

替わってしだれ桜はこれから 満開です。 


   スーパーのハシゴ

弥生尽・・・小学生預かり世話の無い日、
庭仕事の用や詩誌用の用紙を探して ホームセンター
2か所、

お米とか,チビたち用飲料水のボトルとか 重い品の
買いだめ用で  スーパー3か所、、、

買い物のハシゴした。


疲れはてて、帰りの車から川辺の桜を。。。

おぉ~~、  一気に咲いてる、


***スミマセン、更新が遅れがちで、上記の状況は
弥生尽~~卯月への 移行であります***


帰宅して、もういい加減、午後過ぎて 夕方近く、

デジカメ 携えて   歩きに出た。



   満開に近い・・

川辺の桜
  
    3/31桜咲く


    3DSCF3098


 4  7


     編集DSCF3096


    2DSCF3112

  撮影31日




   植替え用の花苗 第二弾です

    3植え替え春DSCF3091 野菜苗も
 
  *第一弾の花は撮り忘れ。。。

  カラフルなバーベナの他に、
 ・・・花の名 忘れてしまった、 好きなブルー色のも
  植えました。





   春は駆け足でやってくる。。。

卯月初日 昨日は雨。 寒い。

そして 2日目の本日。

桜はもう 満開です。


まだ見に行ってません  忙しい・・・。


 

我が家んちのしだれ桜も  ぽちぽち 
膨らみはじめてきましたよ、

今シーズン咲ききったら ばっさり  ばっさい(伐採)
してしまうか、、、悩みのしだれ桜です、

見納め?  あぁ~~  迷う、 悩む、 むむむむむ~、

綺麗な満開に咲いてくれたら  写真アップしましょう。。。