***

今も戸惑いつつ・・・である。

 

矢継ぎ早に届いてくる便せんにはびっしり、俳句や短歌、詩作品?

などが書かれている、

量的にすべて紹介しきれるものではない、

最近届いた内容からは、作品化を望んでいる気配も感じられる。

 

私は選者に程遠い “ただの人”だし、ド素人でもある。

 

忙しい時間をやりくりしながら、それらの作品を打ちこみながら

・・・わたし、なに やってるんだろう・・・ 

 

 

***

中日新聞・夕刊 歌人加藤英彦氏の、こんな記事を見つけた。

“痛覚呼び覚ます言葉の力 回復を”と題しての文中

文芸評論家の故菱川善夫氏は

「・・・殺された人間、あるいは殺される寸前の人間の恐怖の

心臓音を聞くことができずして、どうして表現者であり得よう」

というのだ・・・の くだり。

 

*この折りの的確な引用ではないのかもしれないのだが。

 

 

   *

 

・・・これら作品に

痛覚呼び覚ます言葉の力はこめられているんだろうか・・・

心臓音を聞いたものの表現者たりえているんだろうか・・・

 

 

 



***

話 まったく飛びます

 

青春真っ只中の時期 私は結構 トンでる少女だった

腹の立つ相手の頬っぺたを 張りとばしたこともある

 

高校の頃 仲のよかった同級生が 不良になりだし

ウソをつかれたり 裏切られたりして  

放課後の教室で 取っ組み合いのケンカをしたこともある

 

机や椅子が投げだされ 制服の片袖がちぎれ・・相手の子

はそのままの姿で 職員室へ向かっていった

その日 進路指導で担任に呼ばれていたのだ

 

翌日から数日 アスミは登校して来なかった

担任に呼び出されることを覚悟した

だが、タンク先生は何も言わなかった

眼鏡の奥の目で 私を見つめた・・だけだった   

 

アスミも私も 無事 卒業した

 

 

***アハッ!    かなりの 脱線話!! 

今はとっても 淑やかなる温順なる そして新聞の

残虐な犯罪事件の記事などには おもわず目を逸らして
しまうような
臆病なる一市民です~!!

 

アスミ どうしてるかな・・・ 

 修学旅行先の宿で消灯後 外から部屋へよじ登ったり
 ずいぶんなイタズラしあったね
 図書室でよく 進路のこと人生のこと いろんなこと 
 話し込んだり したよね 

Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/12-f7d78d85