福岡春日に、播州加古川に、

12日~お盆休み!

昨日から、娘たちはそれぞれの伴侶の実家へ、
里帰り!!
長女はチビ二人を連れて、飛行機で福岡へ。

介護職のパパは長期休みは取れず、仕事で
ひとり留守番 😢。


次女は二人揃って車で走り、一路、加古川へ。



幸い、双方のご両親は元気でお揃いなので
わたしめは安心して、というか、
どうぞよろしゅうに~~、お願いモード、
(-。-)y-゜゜゜

毎度お世話になります!





    つかの間の自由だ~

ふわぁ~~い、 自由だ、(^^♪


♪ ~わたしは自由よ~
   ~ 少しも さびしくないわ~~♪
~ ありのままで~♫
   Let it go~~🎶

(*歌のファンの方々に叱られそうです、、、)


夏休みに入って、木曜(ママの仕事休み)以外
ほぼ毎日、ヘンクツ、ゴネ、ヤーダ、叫ぶ、走る、
放り投げる・・・王子
相手に奮闘?!中ゆえ、

じぶんの自由な時間がコマ切れにしかなく、
何するにしても、なにぶん集中出来なかった。





    古い慣習を振り返ってみる


夫が倒れたあたりから、いや、ほんとはもっと
その前から、昔からただ続く古いしきたりとか、
因習とかに疑問を持ちはじめ、

夫亡きあとは、それらから背を向けて暮らす、
天邪鬼な、罰アタリな・・・母親に、
娘たちはまったく似ず、
双方のご両親とともに、墓参りもはたし、
慣習などにも出来る範囲内で添っている。(^^)/


夫は元気なあいだは暗いうちから起き、
混雑を避けて早朝、
じぶんの親の墓はもちろん、わたしの
父・四郎の墓にも参って、草むしりなど
するようなひとだった。

あ、
お盆とお彼岸には、妻も幼い子らもいっしょに
お墓参り行ってました・・・☺、





   みんな自由でみんな違っていい・・

お寺の在り方、かく宗教の有り様・・・、

葬儀や墓のことなど、
この問題には以前から考え、かなり時間を
かけて調べ、考察を深めてきた
(・・・つもり)。

実際にはそのように至った因、プロセス
ともいうべき、がある、
が、ここでは略す。



分厚な宗教書を多数、ひもとき、
その一環から哲学、心理学の書も読んだ。



今は無神論、無宗教派を通している。

世間一般の慣習から、いささかかけ離れると
いうのは勇気も決断も要る。
強固な意志も必要とするだろう。


それでもじぶんのやり方を通す・・・
信念も揺らいでいない。



けど、それらはあくまで個人の考えなので、
慣習を守ってつづける人たちはそれはそれで
立派だと思う。

周りを巻き込むことなく、迷惑を掛けない範囲
でなら、“自由”でいいのではないか。



***仏教は自覚の宗教
   思いわずらうな***   

 ひろさちや著 「日本人の宗教と習俗」より




  
  

    今朝も朝日を浴びて

天と地に手を合わせ、自己流・いい加減流?ヨガや
(時には般若心経なども唱えながら)
他のストレッチなどして、
家の周りの緑の素晴らしいロケーションに
感謝しつつ・・・

さぁ、掃除して、自由で、 さて・・・



 お盆813ブログ利用

 
Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/164-81058795