ミステリーツアー・バス旅

 敬老用のツアーです って!(笑)
(決して、笑う・・立場じゃございませんが。。。)



行き先は不明、何処へ行くのか分かりません。

二度目のドライブイン

916ツアー京都DSCF0465 (1)


ここでもまだ何処へ向かうのか、しかと知れず。


うつらうつら・・・して、ふとバスの窓から
見た光景に、

えっ! 名古屋に戻った?!  いつの間に??

・・・・!!
ジョーダンみたいな錯覚を起こした。。くらい、
名古屋の繁華街、広小路・錦通りとそっくりな街の景、
どうやら京都イン! のようです。


  
    昼食は“秋の彩り会席”

DSCF0479.jpg

916ツアー京都DSCF0465 (3)

916ツアー京都DSCF0465 (6)
916ツアー京都DSCF0465 (4) 




席は決まっていて、通路側のテーブルに五名が着席。
ホントは四人用くらいで、狭い。
かなり広い会場だが、客数も多い。

桂川の展望は窓際なので、通路側の席からは
遙か彼方、大勢の方の頭越しに見えるくらい。


料理は品数も多く、めずらしく、美味しい・・
のだけど、
この席、後から運ばれる料理の届くのが、遅い。

通路側で列の並びは端の端っこではない・・が、
料理場からの出し入れ口に近く、つまり、
料理は遠い席順で運ぶので、もっとも最後になる
(??らしい)

天麩羅が運ばれても、一向に天つゆが来ない、
忘れられてる?!

最後の、松茸土瓶蒸しにあっては、さらに遅く、
わたしめはもう、「これで終わり?」か・・・と
“ごちそうさま”をするところだった。

周りを見やれば、何やら、土瓶から注いでおられる、
ん、ん?  そうだ、松茸だわ・・・

待てども待てども 来ぬ 松茸よ、 まったけ~、
ぼつぼつ、食事を終えて席を立ち、退場していかれる
人もいる・・・

ようやく届いた土瓶、香りはたしかに。
熱くて熱くて、

もう、 バス集合の時間が迫ってる、
急がなくては・・、(ツアー旅のネックですネ)

窓際に行って川の写真も撮りたいし、トイレにも。。。
焦りまくり、土瓶の熱さと格闘し、
味もなにも。。。”(-“”-)”  
記憶がない、、、
(翌日、見事な口内炎に、、、) 



   桂川・写真は撮れましたよ
 ギリギリセーフ!
916ツアー京都DSCF0465 (8)

DSCF0478.jpg



 


     護王神社へ


足腰の守護、かつ、ご長寿祈願だそうで。

ここでは門の脇、狛犬ではなくて狛猪。
きりりとした狛犬とちがって、なんだか、ユーモア
の感じられる狛イノシシでした。

DSCF0482.jpg


DSCF0481.jpg 

DSCF0485.jpg

 
DSCF0496.jpg 

DSCF0491.jpg

♪さざれ~ 石の~🎶 いわお~とな~りて~~♫
「君が代」で歌いましたよね
さざれ~ いしの~  ってなんのことだかさっぱり・・知らないまま
歌ってましたね。。

ホント、苔のむ~すまぁ~で、、、苔も生えてて、、初見(はっけん)!!







       平安神宮


DSCF0499.jpg

 
DSCF0501.jpg 
DSCF0503.jpg 
DSCF0514.jpg

DSCF0507.jpg 
 DSCF0509.jpg  DSCF0508.jpg 


DSCF0510.jpg 


平安堂DSCF0506 



修学旅行以来・・・ではないかしら!?

広い境内、すべてが均整のとれた配置で荘厳であります。

神殿内は撮影禁止。
拝礼?の決まりの立札があるのを横目に、

ぽん! 手を合わせ、こくり、頭を下げて、ハイ終わり、

後ろに立つ守衛さん?に 睨まれた、
(・・ような気がする)



    名所巡り

ついぞこのようなツアーには参加したことがない、
比較的一か所集中で、自然の風景のなかを歩くのが
これまでの恒例だったので。

今回のツアー、添乗員さんには多数の気配りして頂き
気分良く、お世話になった。

ただ、バスを頻繁に乗り降りして、
由緒ある古寺を巡る
って、案外、草臥れる。。。っていうのが
バス旅を終えての、わたくし・個人的な所感
であった。


***馴れぬ旅のせいか、翌日は首が回らず、
肩凝りひどく、口内炎で・・・、
ダウンしてしまった。


Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/174-4dc31fa8