ほぼ原寸大 “ゾウの額”ほどの庭に 玉ネギの苗を植えた

如月尽に近付いた昨日 多少あったかい日になって、ようやく

土仕事をする気になった

 

 よそ様の畑を参考にして、野菜を作ったりしているが

なにしろ狭いので連作が出来ない

どうするかというと、終った野菜のあとの土を堀り取って

ほかへ移す 

移した土は草花に使ったり、たい肥用の穴に放りこんだり

 

大雑把な作業であるが、スコップも鍬も存分に振り回せない

狭さのなかで毎度、難渋する

 

“晴耕雨読”ってのも 案外、楽ではないのだ

最近はそれも手抜き・端折ってしまうことが多くなって 

さらにアバウト化しつつある

 

まぁ、それでも荒地?に玉ネギの他、サニーレタスやエンドウ豆

も植え、ミニミニ菜園らしくなった、しかたなくいやいや始めた

力仕事だけど、終えたあとは気分もスッキリ!(笑)、 ホッとした  

 

 

 

***

今月に入り、死刑が執行された

死刑の是非論・・・これはとても難しい問題である

うかつに書けることではないのだが

 “死刑は犯罪の歯止めになり得る”と思っている

統計的には変わらないとされているが、長いスパンで展望すれば

“差”は出てくる(・・・と思う)

 

・・・それ程さように、死刑囚にとって、“その日”のくることは

怖れられているのだ

 昔ながらの "首縄式“での処刑方式である

 

 死刑廃止となって終身刑が最高刑となったら、いつかはシャバに

出られる可能性もある 処刑の酷さから自らの罪を思い知る、

という機会を逸してしまう・・・ということになりはしまいか・・・

 

 実に古い事件であるが、

「足音が近づく死刑囚」市川悦子著

 

S37年代のその頃の獄舎の規律は相当厳しいもので

あったらしく、外部との書簡も自由にはならないなかで

受刑者は書き続けた手記をどうにかして 支援者のひとりに

送りたいと考え続けた

 

手紙以外は点字書を使う以外になく (受刑者は独房の作業

として点字を訳していた) 訳文は検査されるため 製本の際の

外箱や表紙に貼付け・・・そんな苦労の末、

“秘密通信”として、書いたものが外部に出され残されたのである

 

 ――突然、廊下に大勢の靴音が鳴り響いてきたのである

お迎えだ! お迎えに違いない! 地獄の使者のような靴音!

瞬間、魂は震え上った 

――僕は息がつまった 首筋かえら背中にかけてゾッとするほど

冷たいものがへばりついていた 

胸の早鐘を聞きながら人心地もなく机にしがみついていた

粗末な机がガタガタ鳴った

 

 まだまだ 事細かな描写が書かれるのだが、これだけで

じゅうぶん 刑場へのお迎えを受ける心理が知れる

この時は別の受刑者執行で免れたのだが、

 強盗殺人事件の受刑者   これら詳細な手記を遺し

 昭和40年 死刑執行 享年46歳

 

それからさらに年数を経て、処刑に立ち会ったひとの著書

も読んだ  

刑場の図も載っていて、・・・まだ首縄式の処刑がおこなわれて

いることも知った

 

最近、今月上旬位だったか TV「報道特集」で 

刑場のなかが写しだされ 処刑方式も説明されていた 

これらが公開されるようになって 時代も感じたのであるが

処刑の方法はさほど変わってはいないことも認識された 

 

 

ほかに作家と死刑囚との書簡集も読んでいて、
死刑囚がいずれ
死刑台に・・・という究極に追い詰められた
状況になり、それで
じょじょに人間本来の、というか、ひとと
しての魂に目覚めて
いく――
逸材、それも若き罪人たちに見られることが多く
しかしその“稀なる材“は、罪をば犯し、死刑囚となって初めて
顕われてくる質なのだ   惜しむらく!!

 

死刑囚とならなければ ただのノーテンキなチンピラ!のまま
生を終えてしまっていたかもしれない・・・(とも思えたりする)  

   

 

  書簡集については またいずれの機会に!

 

 

Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/19-5f36b988