光り降りそそぐ場処で


一枚の落ち葉のうえに
道に転がる小石のさきに

降りそそぐ 光り

冬から春へ
つめたい風が吹きつのる日
ほっこり温かな陽光の差す日
彼方此方 季節はまどいながら
ゆっくりと うごいてゆく

ひともまた とまどいまよいながら

光る葉や小石など 目にしながら
重かった過去など振りかえり
今日いちにちを眺め
未知のさきを想い

泣いたり笑ったり 
空を仰いだりする

空の向こう
無理に引き剥がさなくたっていい
光りの向こう 
影をも踏んで

また光り降りそそぐこの場処で もう少し




Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/206-3120d24a