高齢者不明人

6・25日の新聞で
昨年一年間に認知症の高齢者が行方不明に
なったとして、家族から警察に届けられた
のが一万件を超えた由。

そのうち 所在確認出来たのが98%、
未確認は168人だ・・・という。

現代の巷で、168人もの方が行方知れず、
になってる・・・なんて信じ難い。


・・・と思っていたら、緊急回覧板が回ってきた。

近所の80代の男性がここ数日来 行方不明に
なってるのだ・・・と。
パジャマ姿のままらしい。

パジャマ姿で夜になど、高齢者が歩いているのを
見掛けたら、、、まぁ、散歩でも・・・ってことも
あるかもしれないけど、

様子とか見てヘンだ・・・と判断されたら、
所轄などに通報されるのではないか・・・、

数日来の不明であるからには、誰も目撃者がいない・・
ってことになる?


    捜索開始

当地の近辺には山もあり川もある。、
住宅地から少し逸れるだけで、ひと気のない
お墓や神社もある。

川辺には一応フエンスが掛かっているが、
支流や用水だと入りこめるかもしれない、
神社を越えた裏側は雑木山で、道が続いているし
どんどん進めば崖もある。


日曜日には捜索しているらしい数人の方々が、
川辺を歩いていかれた。
捜索隊?のそれらしい制服着用の数名のあと、
それぞれ別のグループが同じ道を数回往き来された。

回覧版の呼びかけで自主的に参加されてるらしい
一般の方たちのグループもあるようだ。


・・にしても、人目のある住宅道路あたりではもう、
見付からないのではないかと思える。

不明者の詳細、健康状態、情緒関連(自死の可能性とか・・)
によっても捜索法も幾分変わってくるのではないか・・。

出来れば例えば、川・用水班、山・峠・雑木林班、
神社班、橋向こうの隣市班、というように 統制を取って、
効率的な捜索法がとれるといい・・と思える。

***この件、その後の朗報は未だ聞いておりません。



山月3DSCF1723山と小さな白い月

山と月2DSCF1757
  
夕焼けと月 夕焼けと月



Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/255-efb9fe58