2013.04.30 魂の旋律
 
 

    闇のなかの小さな光


 「魂の旋律~ 音を失った作曲家」 佐村河内 守氏
 三月末に放送されたNHKスペシャル 

 身を削り命を削り 作曲に挑む映像を見た。 
 
 
 また、同じくらいの日に見たドラマー題名は忘れてしまったー
 八千草薫さんが病に伏す老母役で、仲村トオルさん、
玉田鉄二さん 兄弟が、母をレンタカーに乗せて旅路に出る
という、

 最近の刑事もの、サスペンスものにはない、丁寧で細やかな
作りのドラマで、 しっかり者の兄、ちょっとヤサぐれた
どうしようもない弟 、二人とも好きな俳優さんだし、老母役の
八千草薫さんもぴったりの役柄だったし、このドラマの顛末と、

 佐村河内さんの鬼気迫る日々、の映像とあいまって、
二つ見終わった後 わたしの胸のなかは  

しばらく滂沱の雨・・が降りつのった。


 

 そして ふたたび、 中居正広さん司会の「キンスマ」
  
 異例の大ヒット! 今夜あなたは奇跡の交響曲に涙する・・・
聴力を失った作曲家  佐村河内守
 
 バラエティ番組である。

 いつもなら、出演者は司会の中居正広さんの隣に座る。 
が、やはり、照明が身体に障る、という事情でご本人の登場は
なかった。

 
 NHKスペシャルでは、本人映像中心のドキュメント風だったが、
キンスマでは、よりリアルに、再現ドラマなんぞがあったりして、
分かり易い。

 「HIROSHIMA」 交響曲も オーケストラ生出演で 
演奏された。



 その後またもや、胸のなかは ぼーだの雨嵐・・である。
今の時季は ちょっとしたことでも 凹み易い、    
始末わる~!




  

    中高年の☆ ー生き方ー

 テレビ話題がつづく

 NHK 「団塊スタイル」  
 瞳みのるさん、  タイガースの一員だった

 引退後、猛勉強して大学に入り、中国語の教師になる
40年ぶりに 復活公演へ   の 模様とインタビュー、

 とっても、いいお顔、 時の面影の、そのまま 年を重ねた・・
という容姿である。

 グループサウンズ・全盛期  ど真ん中の世代といっていいが、
特に ファンだったこともない、 若いころはテレビそのものを
あまり見ていない、

 けど、時おり、耳に入ってくるサウンズのなかで、ことに 
印象に残る好きだった歌はある。 
 
 加橋かつみさんの  「花の首飾り」
 
 堺マサアキさんの なんていうんだっけ、♪~夕~焼~~け~

っていうの。 まちゃあきさんこと 堺さんの音域の広い
伸びやかな声でうたう曲は どれも素晴らしかった。
 加橋さんも、 透き通るような美しい高音だった。


 一世風靡した 沢田ジュリーさんの最近の姿は、ちょっと
ザンネン・・!
あんまり 昔のイメージを 壊してほしくないんだけど・・・ 
ま、しかたない??
特にファンだったわけじゃないし。


 
 日を経て、またバラエテイです、
結構、よく見てるんですねぇ~笑

 仲雅美さん、   昔 ちらっと見たことのある お顔だ
出演のドラマは 一度も見たことないけど、そういえば、途中から
ほとんど、 テレビで見なくなっている・・

 タレント引退後、事業に専念して、倒産、闘病、
三億の借金を負い、家族離散、   道路工事員になり
会社の狭い寮で、質素で孤独な暮らし、残りの借金二億を返済中、
 
 典型 落魄人生・・のようでありますね

 
 でも 仲雅美さん、道路工事要員??いでたちで ありながら、   
昔のダンディだったお顔を ほうふつとさせる・・   
いいお顔であると思った、  
男性って、歳取って、スゴく顔形?が変わってしまう人と
そんなに変わらず、昔の面影のまま、年月を重ねた容姿のままの
人があるんですねぇ・・
 
 ま、 独断と偏見によりますが・・。

 残る二億の負債を負い、起死回生をはかる仲さん、
ガンバッテほしいです。


 
  超・セレブ!!、 ” 秒速で億のお金を動かします・・・”
って、 テレビでスラスラ!?と宣言して見せる・・ような、 
ふくよかな体型の若い男子。  
 部下に持って来させたトランクの積んだ札束から、
無造作に数個、取り出して、買い物をする・・・、

 ナンなんでしょうね、  

 それ相応の 能力あっての 札束!、であることは分かっても
なんだか、なんだかなぁ~、 

 日々、食べるにも困る困窮者があって、札束を湯水のように
扱う者があって、こんな世相、有り??
 これはこれで尋常とは思えぬ、 なんだか  オソロシイような!!



Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/28-e9af6a9b