2015.11.28 病院の関門
    数年(6,7年?)ぶりに・・

総合病院の入り口を潜った。

とてつもなく気は進まないのだが、 頚の重要さを
見聞きするので 不安が募り  逡巡の末に ついに。

   
   新設された病院

この病院は 元 駅前近く、広大な敷地に立っていた。
たぶん 旧国鉄の土地だったと思う。

何年経ったか 調べてみないと分からないが、建物が
古くなったかして移転することになり 廃院された。


窓から古びたーテンが見え、 網戸は傾ぎ窓も汚れはて、
中は真っ暗、   そこかしこ かっての跡が残るものの
まったくひとの気配の無くなった巨きな病院の建物は
荒涼・寂寥すら漂わせ、、ドラマ MOZU に出てくる昏い
廃墟のごとく、目に映って見えた・・・ 


暫くののち、道路を隔てた立て替え地にブルドーザーが
稼働し始めた。 そこは 大きな池があった場処である。

昔、潅漑のため池 だったと聞くがかなりの大きさの池だ。  
フェンスに囲まれ、釣り禁止の立て札が立っていて、池の端に
寄ることは出来なかったが、真夏の暑い時期、そこを通ると 
水のさざ波がさやさやと揺れ、涼しげな風を送ってくれる
・・・、街なかのオアシスのような、そんな風景だった。


大きな池を潰し、灌木が払われ、巨大なブルドーザーが幾日も
幾日も這い回り、水が抜かれた泥土には あまたの杭打ちも
なされたことだろう・・・。


経営一族 限りなく灰色の政治がらみの騒動報道が
なされた病院である。





   整形外科へ

限りなく行きたくない場処だが、他の大きな病院は、
町外れの我が家から 遠い。 車以外では不便すぎる。
緊急ゆえ・・・


混雑した待合室では ずいぶん待たされた。 後から
見えたひとたちが先に どんどん呼ばれて ドアの先に
入ってゆく。

満員だった待合室に待つひとが わたしひとり、になって、
ようやく 呼ばれる。   なんなの  それ、、、

聞けば  予約制なんだと。
総合病院も予約制なのか、  そうか、  そうなのか、

知らなかった、  大きな病院なんて 最近掛かってないもん、

歯科ではむろん、 最近 眼科病院でも、予約制に
なりましたもんね。


  
   レントゲン

アタマとクビ  肩 腕。。。 撮影室?も違って、なんだか
あっち向きこっち向きして、指示されて 終わった。  
TVの健康番組で見るみたいに 仰向けになって 
トンネルみたいな・ドーム?に スーーーと入っていって、
出てきて、
という連結した具合ではない。



骨折とか打撲はなく、痛みがあるということは 
 むち打ち症、 ですね。
 
一週間の安静  という診断だった。


はぁ~~~、  いろいろな手続きやらなんやら 追われて、
けど  ストレスなのか、  ナニやっても捗らない。





***上記文は先週から ワードで少しずつ打ち込んだものです。





山の麓にも紅葉


4DSCF2546  今シーズンの彩りは


天候のせいか いまいち?の感


3DSCF2549


2 
   

22日撮影





Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/303-34574c7e