朝日のあたる家

好天の日は東南 西の一部 180度万遍なく
陽がさし 部屋は暖かいのだが、 曇りや雨の日は
すこぶる 寒い。

テンションもあがらない。


階下のエアコンは使ってない。
リビングに石油ストーブ一台。


赤子の居るあいだ、
古くて使えない? 和室のエアコンを新しく取り替えるか
審議したが、 ひとり居では不要で またろくに使わない
うちに劣化して使えなくなる・・・というのを繰り返しそう
なので、

娘とムコさんが セラミックヒーターというのを買ってきて、
それを使った。 やさしい温もりで、持ち運びも軽量で
とても重宝した。



1月末になって 寒気団が襲ってきて、
リビングのストーブで うつらうつら・・・、それが二階の寝室
に入ったとたん、 寒さで目が冴えてしまい眠れなくなる・・・
という悪循環。


しばらくは セラミックを寝室に運んで使った。
が、 やはり  多少 二階は広いし なにしろ 全シーズン
カーテンをしないという・寝ながら夜空の☽や☆を眺める・・
というこの上ない贅沢?さである・ コンセプトなので 
小さなヒーターだと使用の時間も長くなってしまうし 
冷えもキビシい。



ついに  エアコンの外機のカバー(強風に吹っ飛んで
いかぬよう 丹念に二重に被せてあるので外すの 
メンドイ 笑) を外し・・・昨年は 19°1時間  のセット
になってるのを  20°2時間にセットし直して使用している。


でも昨夜はまた19°度に直した。暑いのダメなんです、
途中で消すこともあるし。足には霜やけ 作ってるのに、、、
わたしの一番快適な適温温度は18°です。



   
   気圧の谷が近づくと

先般の 追突事故の後遺症が より顕著になる、
首や肩、腕までが コチコチになって回らなくなる。


整骨院には 今も 週1~2回程 通院しているのだ
が、 症状は一進一退、  このまま 一生この痛みを
背負っていくのかもしれぬ、、、 もっとも このトシで
あれば  大抵のシニアさんならば、腰痛やら膝痛やら
頻尿やら様々な症状に悩んでると思うし、、、


    

   前日から不調

気分がすぐれず、動きも緩慢になって、
ダウン、、、の予兆があり、  薬を。
前にも書いたが 我が家には 正露丸と百草丸しか
ない。

両方の瓶を 目の前にかざし、 
丸薬3つ、  片方は ・・・20粒?!  へっ、(-_-;)  
三つの黒い粒の方を口中に放り込んで 
早めに布団にもぐりこんだ。
でも 20粒の方、車の酔い止めによく効きます。


翌朝 雨降りだった。久々のお湿りである。
テンションはまるで 低い。
  
    


    自分流片付け術・・・

実行に移している仕舞い支度・ 今はまた中断の憂き目・・・
であるが、 先だって、片付けましたよ。


こんまりさんの 言う  ”トキメキ”  なんぞ このトシ
になったら(ひとにもよると思います、わたしめに限りです)   
・・・まず 無い。


どんなモノにたいしても いちいち  いまさら、  トキメく?
なんてありゃしません。
あるのは  慚愧(・・に耐えぬ)、 後悔、 すべてが二度と
戻らぬ・・という哀しみ、 寂寥、 無為、・・・

なので 片付けをすると同時に  ”己への再認識” を する・・・

という、実に  ツラい試練でもあるのだ。 

はかどらないハズですね。。。(*^_^*)


また  片付け順も  こんまりさんとは まったく異なった
順番になる。
わたしの場合は  日頃 最も気になっているところ。
外から見えない場処。  

見えるところは いつでも出来る・・・という考えで。


衣類は 保留です。  
クローゼットには数年どころか  数十年着てない衣類も
ぶら下がっている  けれど、  何度も何度も吟味して
調整して、確認してあり、  はみ出る量ではないので。
 

まず  手始めは  キッチンから。

シンク下の 鍋類、  これも 最近 入れ替えたばかり
なのだ、 かって、 使いやすさを優先していて、無頓着
だったのを シンク下は湿気がこもりやすい・・と何かで
知って、 食品類はレンジ下へ。  
使う頻度の少ない鍋類をシンク下へ移した。

多数の鍋。 これは ガス用である。 我が家はIT仕様なので、
必要ない??  とはいうものの、 三つあるレンジのうち
真ん中には  直火用もあるので 使えないわけではない。 
  
数年前までは  煮物を作っては この鍋ごと 長女宅に
運んだものだ。  今は そんな機会も減ったことだし、、、


鍋類を片付けるーー処分?!  

茶碗蒸しの大鍋ー夫が好きで、よく作ったもんです、  
他に大中小、 おでんにシチューに、煮しめに・・・
活躍してくれた、    眺むれば おのずと
過ぎし 日が  浮かんでくる・・・  

・・・う、う~~ん、 イカン、イカン、  
これが 片付け・ダメ元なんですね、   
大抵の昭和にんげん?のひと  この感傷やらで、作業が
滞ってしまうんではないだろうか。。。


かくて 鍋類  
大袋に入れた段階なり。




   次は 押し入れ内を

半分は寝具類・半分は書類の収まったストッカー。
わたしの最大のネック、   書いたものの原稿などの
ストック、、

それに  奥の方にしまいこんであるもの、  例えば
母が手縫いで作ってくれた  綿入れねんねこ半纏・・
といっても 若いひとには 通じませんね、赤ちゃんを
背負って 羽織る 暖かい 重厚な  半纏=胴着です。


今や 若いママは  背負うこともあんまりない?
前側に抱っこベルト? してるひとが圧倒的ですよね。


母は自分の着物をほどいて縫ってくれたかもしれない、、、 
母手縫いの それ、   捨てられます???    
移転時にも運んできた それら   どうすればいいんでしょう、、、


ストッカー内の紙類、文房具など 結構 頻繁に片付けてる
のに、たぶん、 上のモノを下に、 右を左に、、、って動かしてる
(・・・だけのような気がする)  なので  手間ヒマ掛けてる割
には片付け感が 乏しい。

   


   究極の片付け術とは・・?

ただ 整理するだけではなく、要・不要を見極め
ばっさり  処分する・・・ということが  肝要。。。
ということになりましょうか??!!


はぁ~~~、  これからもなお  試練がつづきそうです。


Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/321-d10d3751