追突事故後の不調

今回の 病気?  というのも 当初は関節痛の
ひどさ だった。  整骨院へ通院しながら なお、
痛みがひどくなって、、、  術師さんから
 病院へ行ってください、 と 言われたのだ(・・・と、
前の記事で書いたように)


病院へ とは娘たちから 言われていても、
咳や鼻水とか 風邪の症状は全くなく、自分では
風邪・・・とは思っておらず、それで 熱も測らず、
病院へ行く意思もなかったんである。

体温計 測ったの(医院で)、  数十年来である。


町の医院で  強力な風邪菌・・と言われ、以後
今も 点滴通院を続けているのであるが・・・


   
    CRP値 

ネットで調べだして、細菌値というのを知った。必ずしも
風邪とは 限定しないようで  それは 炎症、感染症
から 出る数値である とも。

微熱とだるさ 
の続く 因としては


関節リウマチ   膠原病   感染症大動脈瘤?・・・
各内臓疾患・癌・・・・、
ここまで 知って   わっ  怖わ !!



     肝機能障害

その細菌の影響からか、 医院のドクターから、
肝機能障害を 起こしている・・・とも言われている。


血液検査の 結果からは その通り、 キケンな数値
が並んでいる。   



    ・・・が、 いまごろ・・・

ほんとに 風邪なんだろうか・・・
の 疑問が 正直 少しわき出している。


相変わらず  咳もない、 鼻水は 多少あるけど
(・・・何しろ 家のすぐ前が雑木山で 目には見えねど
さぞ 花粉が舞い舞っているだろう)。

食欲は何とか 維持してるし  手足のむくみや腫れも
ない・・と思う。


    
     かえりみれば゛・・・

追突事故の あと、 これまでにない身体の不調が 
つづいている。


当日 相手の若い運転者に 警察に連絡するよう頼み、
が、警官は一向に現れず、冷たい雨の降る下で 
待ちつづけ、

 相手に
 ・・・ほんとに  警察に連絡出来たんですか??

 ・・・んん、んん???  はぁ~~~、

という具合に  頼りないこと おびただしく、
耐えかねたわたしは   1㌔余り 行ったところに
ある交番まで  傘さして  走ったのである。(これも
前に書いた??)


当日の事故写真も  多数撮ってある。
交番にも駆けつけた。

バイクで やってきた若い警官の現場検証がつづく
あいだ、  

首の異変があって、
  わたし・・・ クビが ちょっと ヘン・・ です、
  警官・・・ 大丈夫ですか??

という やりとりもしている。


が、 双方、目に見えた怪我もなく、 車の破損も
動かせない状況ほど ではなかったし、
初の体験で  ショックのほうが 大きく、早く
終わらせたい・・・の  一心であった。



そうして 人身ではなく、物損事故扱いになった。


翌日から  クビのあたりの 異変、違和感・しびれ
が出てきて、   整形外科で 「むち打ち」 との
診断書を受け、、、



    以降の 対応

わたしの方は 整骨院に生まれて初めて 施術を
してもらいに通院することとなり、、、


 
    保険屋 :  

損*ジャ**  N(市)保険サービス第一課
担当者 女性


    

    当初 担当者の話では

・・・診断書を警察に届け出されなくて物損事故のまま
でも 対応出来ます・・・


と いうことだった。 現に病院への支払いは保険屋から
支払われているようだ。



病院へは  事故後の数日間 トラウマで車に乗れなくなり、 
数㌔   徒歩で行った。



保険屋・・・「従って、 交通費の発生はなく、現時点で
お支払いさせて頂く金額はございません・・・」 


との 回答が来た。
*それも こちらから 問い合わせをしての、
それゆえの 回答である*



保険屋担当員との対応は すべてメールにしている。
*記録は残してある*


書類上の質問をしても  返信は遅く、
他の質問をしても   懇切丁寧ながら、 のらりくらり  
的(まと)を得ない回答しか 来ない、


  

元気ハツラツ?? だったわたしが  事故以来、
体質が変わってしまかのように  不調つづきで  
こんなに苦しんでいるのに、


ムロン、加害者からはナシのツブテ  一切 連絡も
詫びも無い、



保険担当者の  回答からは、
ひと としての 真情が感じられない、


以前  単刀直入、

「被害者に  補償金・慰謝料とかは  出ないんですか・・?」

の 質問にも  しっかりとした  回答は得られておらず、
この度の、


・・・「お支払いする金額は ございません」
が来た 顛末。



外資系の生命保険の 営業担当者は  顧客の気持ちが
分かるように 心理学を学んでいるのだ・・・とか。


損保保険では その  心理を 逆手に取って、心理作戦を
したりするんでしょうか??・・・


保険事故担当者としての 実績があれば
人間味・・なんか  必要ない・・・??



こちらも 事故後 不調やら、娘のお産の世話やら
いろいろ重なって、 気にしながら 保険処理・対応が
後手後手・・・になってしまった 感 もある。



なんにしても  保険屋への  不信感が ある。

*事故とその後の不調の 因果関係を証明する
のは  月に行くより  ムツカシイ・・・ですよね*

  


*次回につづく

   


   
Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/327-3b4f8f03