2013.06.23 ゴミ難民

 

 

   ゴミ難民

 

 

 最近、地域のゴミの出し方が変わって、苦労が続いている。

 

 

これまでは、殆ど 可燃・不燃 の二つ位で済んでいた。

資源は新聞類は 月に一回トラックが回ってくるし、

衣類はたまに学校の資源用に、これも家の前に出しておけば

持って行ってくれる。

 ボトル類は あまり買わないし。

 

 

それが 変更後は、数種類に分けられることになった、

袋も異なる、何より不燃用の種類が減って、それらがだいたい

「プラ」に 入る。

 

 

菓子類の袋、小さな包み紙・・・、プラなのか紙なのか、

表示はまったく小さな字で見えない、慣れないうちは、

いちいちルーペやメガネをはめたり 外したり、いやはや

手間ヒマ掛かって、メンドクサイこと!!

 それにいまだに 分かりづらいものも多々ある。

 

表示のないのもあるし、ビンなどのラベルは剥がせ・・て!

それが カンタンに剥がれないんです(怒!)

 

 

 かくかくしかじか、 ゴミ出し日も増えて、難渋しきり。

それに 不燃用の袋がかなり残って不要品になってしまったし。

 

 

 役所の「ごみ減量推進課」が、地域の小学校などに出向いて

ゴミの分け方を教えている・・の、ニュースは 翌日の新聞の

片隅の記事で見たりするのであるが。

 
 未来の地域を担う子どもらに教えるのは、良きことだけれど、

多数住んでいるはずの 年寄りたちへの指導も必要なんではないの??

 

 変更前時には これ程ややこしい、分かりづらい分別になるとは
思ってなかったふしがある、 事前に各所での説明会はなされたかも
知れないが、 実際に始まってからの指導もしてほしい・・・
 

  と、 老いた身は希望します。



 ゴミの捨て方が分からなくて、独り暮らしのお屋敷のなかの

部屋がゴミ袋だらけになっている・・・という話も聞く。

 

 集積場に収集車が走り去った後、×印の付けられた袋が

いくつか残されたままになっているのをよく見掛ける。

 それは そのあと、どーなるんですかね・・・

 

 


   

     ダンシャリ


 ときめきの片づけ法? とかナントカいう本が一時のブームだった

 著者は  まだ若い 「こんまりさん」 とか言う、


 
 こんまりさんには わるいけど、

 歴史?もあり様々な思い出の詰まったモノたちを 片付け捨てて
いくのに トキメキもヘチマもない・・・、
 強いて言えば、 「慙愧と切なさの片付け法」  と 言えばよいか?


 ことそれほどに、歳重ねた者には、”捨てる”  という辞書がない
というか、習慣が少ない、というか、


 ”終の棲家” に 移ったとき、 家具は大半処分した、
嫁入り何点道具・・・も、三面鏡だけ残して。

 移った当初は なーーんにもない、 それこそ 引っ越し用の
段ボール暮らし・・だったというくらい   せっせと捨てまくった、

 
 台所用品・茶碗類も最低限、必要なものだけ 一新したし、
 大切にしてきた本類すら、 書棚一つに 収まる分だけ残して、
処分してきた。

 
 
 こんまりさん用の片づけ順は、  最初の一番に衣類から
片付けていくんだそうな、

 
 わたしは 衣類だけは 大雑把に分けて、捨てきれないモノを
そのまま残して・・・

 三年・・どころか  五年、も 十年、も着ない・・・服が あっちの
クローゼット、こっちのクローゼットに 鎮座ましまってぶらさがっている。

 これまで、何度か思いついては 片付け・処分作業を試みてはいる
その都度、途中で断念、  ザ・ストップ!! 
 
 
 
今に至ル!
 

 

 ぼちぼち
流行りの    お仕舞い支度に  入らないと!
 

 パートの仕事も  ぜんぶ辞めて通勤服が不要になった アカツキには
処分するゾ!!   衣類たち!!

Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/39-a617dd30