三つの川

 

 これまで単純に、三つの川が合流する地点があるのだ・・・

と考えていたふしがある。

 

 機会に恵まれて、木曽三川公園「138タワーパーク」に

行ってきた。

所在地は一宮市、稲沢に近い。

車ではなく電車とバスと乗り継いでの紀行。

 


 途中、矢合、国府宮、の地名を見て、昔、母から

“やわせの観音さま” “こーのみやのはだか祭り”・・・って

よく聞いたことだ、と 思い出された。

 

 
 

 足の健在な母は二十数年ほど前まで、よくお参りに出掛け、

それぞれの娘たち家族分の、お守りや、はだか祭りの赤と白の

布の切れ端などをもらってきて、持たせてくれたものだ。

 

 七~八十歳代の頃とはいえ、よくぞ、こんな遠い処まで

通ったもんだね、母さん。

 

 

 

 138タワーパーク

 

斬新なツインアーチのタワーでは、上階まで、幾分ダサめの

エレベーターに乗り 展望台へ。

東京スカイツリーの洒落たEVと比べては、酷ながら、

格安物件マンションにあるような、こちらのダサい狭いEV、

けれど、ちゃんと138メートル上まで登ってくれる。

 

展望は当たり前だけど360度 見渡せる!!

南側は伊勢湾方面、 東山タワー・JRセントラルタワーズ

西は 遥か遠く、 鈴鹿山脈、養老山地。

東は、尾張富士・小牧城、  こんもり緑の小牧山も見える。

北には金崋山など。

 

 

 こんなん、ぐるぐる回って見渡すの
って、修学旅行以来??  
かなぁ~

 

 

 

  水恋ひの記

 

 今回のグループ一行、昼食後は自由散策となり、

子連れではないので、公園内の遊具広場はスルーして、

外周のサイクリングロードに出てみる。自転車を借りて

走るのは時間的にムリなので、自分の足で・・(笑) 

途中まで歩いてみる。


 周り緑に囲まれて、風も涼しく、うん、なかなかの気分!

 

 さらに外れて、堤に登り、橋も途中まで・・、長過ぎて

戻れなくなると困るので。

広い河川敷を見ながら堤をテクテク歩く。

 

 

 ・・にしても、水が無い!  河川敷というからにはどこかに

水が流れてると思うんだけど・・・、

 最近の雨不足のせいか、もともと流れの少ない河川敷なのか、

下をのぞいても、所々、延びる草と草のハザマにチョロチョロ、

水(らしき)が見えるだけ、

 

 

 滔々と流れる大きな川が三つ、集まって、壮大な眺めを

想像していたので、かなり 心外・・・。

 

 


  一本松の道

 

 行って来てから、ネットで調べる・・・、フツー行く前に

調べるでしょ?   この雑さと ちょっと拘りの癖と、

相反する面を合わせ持つのが、わたしめの特性?!でもある。

 それで、こころの均衡を保っていられるのだと、自分流に

分析しているのだけど、  これ、言い訳け!!(笑)

 

 ネットで 「木曽三川」を検索してみると、

どうやら、一か所ではなく、もう一つ、海津市に 中央水郷地区
というのがあるようだ。そこにも展望タワーがある。

 

 「背割堤」と言われる土手?の両側には、青々と水の流れる

川がある。

一本松の道~~、あぁ、ここがわたしの行ってみたい

木曽三川だ。

 

 いつか そっちの三つの川、プチ放浪するとしよう!!

 

モチロン、一宮の木曽三川公園の遊園地は子連れに最適、 

中学校の渡り廊下のような、木の回廊もつづいていて、

じゅうぶん、楽しめる。

 

 

 

  

  夏の収穫

 

 姉のブログでは、ゴーヤのような胡瓜の収穫が、鮮やかな

写真付きで載っている。我が家の 実寸大「ゾウのおデコ園」

のきゅうりは植えたのも遅めだし、連作つづきだから、今夏は

ムリかなぁ~、

 


 そんなひとりごとをムニャムニャ、呟きながら、

手前のミニトマト、見事な赤いのを 数個ゲット! して、

目を上げたそこに、なんか、ヘチマみたいなヘンな緑の物体が・・・。

 

へっ、 胡瓜だぁ~~、!!  初成りは負担がかかるので

早めに採ってやらないといけないのに、まったく、気が付かなくて、

どんどん大きくなって巨大に、ヘチマもどきになってしまった、ヘッ!?

ゴメンネ、キューリどの!   変則ヘチマのすぐ横にフツーの

緑のきゅうりがもう一本、  頂き~~!!

 

 

 ピーマンの成長もいまいち・・、植えヌシ に似てスロースターター

かもしれないから気長に見守ることにする。

 

Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/40-8fd504e6