かって、山田

かまち、という名の少年がいた。


かなり 以前になる。 

雑誌か?何かで知った・・・のだと思う、


強烈な印象を受けて、 出版化された本を借りて

きて 読み、  自分の読書ノートに 書いている。





  二日ほど前のこと、  

なんの前触れもなく、脈絡もなく、
いきなり  ふと そんな 過去の かまちくんの 
ことが 浮かんできた。


  もう すっかり 古い話なので  
  近年は取沙汰されることもなくなったナ・・・




今朝、テレビ欄を 見てて 驚いた。


今夜29日 10チャンネル 10・00~  


 美の巨人  


   山田かまち  
   
    17歳で世を去った天才の叫び ”青い自画像” 


・・・と 目に飛び込んできた。 





わたしの読書ノートは 過去・折々 ブログにも触れて
いるが、
数㎝もある分厚な大学ノートで びっしり 書き込んで
10数冊、ある。

どんなことを書いたか 調べるのは 至難のワザ??
である・・・、


  かまちくんの顔は うっすら 覚えている、

和 の 顔。 


当時 エレキの時代? だったかして、 髪形も当時に
よく見られた はやりの長めな、

顔は 一見、  ふうわり、 やさしげな印象も受けるが、

やはり どこか、異色な翳り も 感じられ・・るような、

  あくまでも 個人的な所感です、 
  


 
今夜 放映を見れば およその年代も分かる、

ノートには 年代とナンバーが付けられているので
探すことも可能になるだろう、、、





上記 かまちくんのことに合わせての 本題?!は

またして  シンクロ。

  ユング 説くところの  共時性。
 
    「意味のある偶然の一致」



意味ある一致・・・それは あくまで 本人の自覚?
に限られるのであるが。



だれにでも有る現象だろうそのことが、 

ただ、本人が より強く印象に残るかどうか・・
にもよる。



わたしは それ(体験)が いささか 多い
(・・・と思える)





   話し 一転します

故 山尾三省さん

の 文が好きで  ひところ よく読んだ。

 「縄文杉の木陰にて」

著書を とても 苦労して 手に入れて、
読みおえた 一~二日後、


新聞朝刊 一面にかなりの大きさで 

縄文杉の写真が    載った。



また 別の件では   娘と 本栖湖などの湖を
巡る旅をして、 


ゴロゴロ、石ころの道を歩いていて、



ガイドさんの説明なんぞ 聞いていたことなど
なく、 同行の娘も大抵 無関心なのだが、


 ・・・この 石ころ?  富士山が噴火して 飛んで
    来たんだ・・・て。


と、教えてくれた。



見れば  富士山は そこから遙か遙か遠くである。




一~2日後、  新聞記事にて

  富士山噴火では  かなり 遠くまで 火山石が
  飛んだのだ・・・との 記述と、


湖の辺と ごろごろ踏んできた 石ころの 写真が
載っていた。





また あるとき、  グルメの旅に出て、丘を
登っていると、  


おもいがけず てっぺんがうっすら白くなった富士山
が望めて、立ち尽くして 眺めた。



翌日 新聞に

  富士山に初雪が・・・

の 報で、昨日わたしが登った丘から 

撮られたという写真が 載った。





また
音信不通になってしまった 旧友、パクチャン。

ある日、長い連結地下鉄 同じ車両に乗り合わせた。


わたしの下車に合わせ降りてくれて、互いの近況を
話し、  またね、、、

賀状のやりとりを復活して、翌年、

彼女から 来なかった。



家族から  亡くなったと知らされた。






   退屈な例 スイマセン。

そんなこんな  他人には  ど~^ってことない

件で 繊細に なったりしております、昨今であります。






相変わらず不安定な大気の状態がつづいている

  
  不穏な空

  不穏な空DSCF6568 写真 ボケてます。。

  前日 またもや ウォーキング帰りに 豪雨にさらされ、
  
  玄関先に辿り着き、  
  
  水もしたたる ババチャン・・・。




   7/297サDSCF6571 ゴーヤ 
   気付かず 大きく成りすぎ。。。

 

   **わたしめの 足より太い?!

   足とゴーヤ比べ 証拠?写真 載せようとして 辞めた、

 
   アシ~^、キショク わる~~、、笑

   
  
Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/538-39b6ba5c