詩作・行き詰まりのなか

日曜夕~月曜、小五男児の預かり。

その日、夕方までは 母子三人、長女の旧友宅で

遊ばせてもらい、 

気難しい小五も その家の三人兄弟とは 歳も近く、

幼い頃からの馴染みで、ゲームをしたり、 

庭や近くの公園で遊んだりする。


 


    夕方~~

戻ってきて、いつものように 兄のほうだけお泊まり。

月曜 翌朝は 泥んこだらけの靴を 拭いて干して、

洗濯もして ゴミ出しもして、、、



朝ご飯と昼ご飯の用意をして、、、夕方前、パパが、

迎えにきて 帰っていくのを送り、

すぐさま 支度して、  

次女んちの坊やの園のお迎えに。。。



ママは用があって、 代理のお迎え役。


 ・・・暑いあいだ、 干物化して 畳の上に
ひたすらノビてるババちゃん、
滅多に 昼間は出ることもない、、、


10㌔の坊やを抱っこして、1㌔近くの道を帰りつく

こと できるんだろうか・・・?  不安 大、  

ふぅ~、 カミサマ。



一応、ママには 坊やの靴をカバンに入れてくれるよう
頼んである。


  
   ババを見付けて

園の入り口で 笑顔満開の坊や、 靴を履かせ、


イザ 出発。  ヨーーイ、 スタップ!


ヨタヨタ、、、 まだ 足元は心許ないが、
歩く気 満タン、、、




   坊やの歩きは
    ペンギン、、、歩き

・・に 似てる、  そっくり、笑

12月には2歳になろうという、坊や、

いつまでも  こんな歩みで いいんだろうか?

  一抹の不安はあるが、


抱っこをせがむことなく、


  ゴー、ゴー、  スタップ!!
 
あっちこっち 脱線?しながも、歩道をゆく、

ペンギン坊やの歩き、 

道を往き来する人たちが 笑いながら、

すれ違ってゆく、

車の中からも、笑いながら見ていかれる。

なかには 応援の声がけをしてくれる人もいる、



歩道のフェンスに触れたり、マンホールの上で、
しゃがんで、下をのぞいてみたり、

コインランドリーハウスに 入り込んだり、


通常の3倍4倍の 時間を掛けて、

 

  

   坊やの歩きたいように歩く、
 
 
  ゆったりの時間、

  記憶に残らない、

  けど、  取り返すことのできない 

  幼子の 今だけの  かけがえのない時間、


  それを 見守りながら 間近で見られることの

  シアワセ。


かなり シンドイ シアワセであるが。




  園の門から~駅前の
      ロータリーまで

歩き通した。 

駅の、行き交う車の列や勢いにのまれて? 

やっと 抱っこ。


それからも紆余曲折の時を経て、


ようやく  無事、ママに手渡したとき、は

へたりこんでしまった。
 
  *坊やは歩き通したあとも 元気!



ペンギン歩きも、 

食卓で ひとりでご飯をすくって食べる姿も、
 
写真に撮る余裕がなかった。


   
  
  *園での28日ブログ写真から お借りしました
    ↓
   DSCF67518/28園ブログより
   




   きょう29日 
     まだ暑い!!です 詩作・苦渋中。。。

   8/29まだ暑いDSCF6745

   2DSCF6748 DSCF67468サ
 

Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/551-5d7935bd