前回12・6記の 洋菓子&和菓子

 

 シュトーレンとかりんとう饅頭、また買ってきました!

 

20131207130053.jpg


 多めに買ってきたシュトーレンは娘たちにも好評。

甘い物苦手な三歳女児もいつのまにか手を出してきて一つ

平らげた・・・。

 

 来客への お も て な し  にもぴったし。

      上記の語 自分で使っといて言うのもなんだけど、

近頃、使い過ぎて馴れ過ぎて、この語の本来の“ゆかしさ”

が薄れてきてる・・・ような?!

 

 

 

    

     トレイルトレッキング(長い散歩)

 

 十一月中旬~頃 NHK放映   趣味・歩く旅

   熊野古道 那智から本宮へ

 

というのをビデオで撮っておいて後日に見た。

 

数年前に長女と二人で歩いて来たところなので随所、思い

出され懐かしかった。苔むした石畳みの段を喘ぎながら登り、

茶屋では座り込んで汗を拭いた・・・。

  

 交通手段と宿だけ手配してもらい、古道に関しては、ろくに

下調べもせず、地図も持たず・・・、よくまぁ、行ったもんだ

・・・、と今にして思う。

 

 熊野古道は“長い散歩”のレベルではない、かなりキツく

しんどい行程である。 

わたしたち母娘は最後に那智に着いて、豪快・神秘な
(震災以前の)滝を眺めているので、今回放映の古道の
コース
とは逆であったようだ。

 

テレビでは、宍戸開さんと皆藤愛子さんのお二人が案内人

であるシェルパ斎藤さんに先導されて歩きつづけテント泊り、

という本格的コース。

 

 前半と後半、斎藤さんの名を聞いても別段特に何も感じず

見ていたのだが、最後に宍戸さんが、シェルパ斎藤さんに

質問して、斎藤さんが答えた、 

 ―以前、犬と一緒に歩いていた、

―犬の名前はニホ、・・・

 


  ・・・えっ!  ニホ?!

一歩  ニホ  三歩 の ニホちゃんだぁ~!?

 

 思い出した! “歩く旅”案内人を務めた斎藤さん、

斎藤政喜氏・往年のバックパッカーであり、紀行作家であり、

「犬連れバックパッカー」など著書も多数書いておられる。

 テレビでも最初にその説明はあったかもしれない。

なにしろわたしは半分ぼぉ~、と見ているので・・・、

最後まで気が付かずにいた。

 

 

 「シェルパ斎藤と愛犬ニホの行きあたりばっ旅」小学館

以下 抜粋する。

 

 -それにしても不憫な犬だ。生まれてからまだ一度も人から

愛されたことがなく虐待されていたなんて・・・。

 これからは自由にのびのびと育ててあげる。そして愛される

ということがどんなことなのか、ぼくが教えてやろう。

 

 -いつもひとり旅だとぼくのアンテナには周囲の雑言な情報

が飛びこんでくるのに、今のぼくはニホを中心に風景が展開

していた。ニホがいれば周囲の環境なんてどうでもいい。

ニホの姿、仕種を眺めているだけで、ぼくの心は満足していた。

 

 -ベビーカーに乗ったニホは、腰を丸めて寛ぎ、前足を

ベビーカーの枠に載せて周囲の景色を眺めていた。ぼくが下を

向くと、ニホも顔をあげてお互いの目が合う。これだけのこと

でも、なんだか幸せな気持ちになれる。

 

 

  ***ニホちゃんは、斎藤さんみたいな優しいひとに

引き取られ、あちこち旅のお供をして・・・、

以後はじゅうぶんハッピー!だったと思う。

 

 ニホちゃんとの旅の記を思い出しながら、テレビ画面の

斎藤シェルパを眺めると、・・・なるほど、優しさが皺ととも

に滲んだお顔に見えた。

 

 

      

     

          不滅の哲学

 

 もう一人の書きたかった作家は、池田晶子氏。     

最近の新聞紹介の項で、 -四十六歳の若さで没した哲学者。

とあって驚いた。

 亡くなられたことを知らずにいた。

 

 

 

「死と生きる 獄中哲学対話」 池田晶子 陸田真志

 

 陸田は大学中退、フリーター、度米、風俗店、という経歴の末、

最後は人を殺める事件を起こし、極刑の判決を受ける。

 

 

 以下、池田晶子氏の文を抜粋

 

 -その彼が判決を前にして、私に「お礼」が言いたいという。

逮捕され、拘禁されて、初めて罪の重さに気がついた。罪の重さ

に苦しみ、罰の重さに怯え、悩みに悩んでいたとき、私の著書に

出会った。

―現代ふうにアレンジして書いたかの死刑囚ソクラテス

の対話篇「さよならソクラテス」である。彼はそこに書かれて

ある言葉を読み、「何かがわかった」。

 続けて、原典「ソクラテスの弁明」を読み、「はっきりとわかった」。

 

 「ただ生きることではなく、善く生きることなのだ」

 だから判決が死刑であっても控訴せず、このまま善く生きること

で死んでゆけると書いてある。

 これに対し、私は異を唱えたのである。もしも本当に善く生きる

気があるのであれば、自分が知り得た真理と幸福を、他人に知らし

めるべきではないだろうか。したがって、「控訴せよ」。

 

 

***こうして行きがかりとはいえ、易しくはない池田氏の

罪と罰・往復書簡はつづけられたのである。

 

 そして哲学家・池田氏は 

―人を殺しておいて、そのうえ、かっこよく死んでやろうー

という陸田にたいして、 甘えるな。  と一喝されてもいる。

 

 小気味よく、“しなやかな感性や細やかな感情”をもった作家

でもあったのだ。

 

       ***新聞紹介記事 

「池田明子不滅の哲学」若松英輔著 トランスビュー

 

 

  ***なぜか、熊野古道を歩いたときの旅の記録メモをして

いない。が、帰ったあと書いた詩の作品がかろうじて紙上に

残っている。

次回に その作品を。

 

Secret

TrackBackURL
→http://fuurenka231.blog.fc2.com/tb.php/80-a2df4bb7